A型上司の心をつかむための3つのポイント

あなたの上司はA型ですか? 上司には血液型別で心をつかむための3つのポイントがあります。今回はA型上司の心をつかむための3つのポイントを紹介します。


「やっつけ仕事」はせず、じっくりと丹念に取り組む

完全主義者が多いA型上司は、部下に完成度の高い仕事を要求してきます。一目置いてもらいたいのなら完璧な仕事をすればいいのです。A型上司のおメガネにかなう近道は、まず、指示に素直に従うことです。そして、あせらずじっくりと丹念に仕事をこなしていくことが大切です。慎重なA型上司は無理なスケジュールで大量の仕事を部下に押しつけることはほとんどないので、とにかく仕事の質を上げるよう心がけましょう。手抜きややっつけ仕事は厳禁です。

能力をアピールするよりも、律義さや真面目さを見せる

A型上司の多くは、世の中の模範として人生を送っているタイプです。そのため、部下に対しても、自分と同じように秩序やルールを大切にし、組織の一員として働いてほしいと願っています。だから、「自分にはこんな仕事ができます」と能力を売り込むよりも、「引き受けた仕事は何としてでもやり通します」という律義さや責任感の強さ、真面目さをアピールするといいでしょう。

絶対に「プライド」を傷つけてはならない

また、A型上司がよく気がつくのは、他人のあらばかりではありません。調子が悪そうな部下がいれば「どうした」と声をかけるなど気配りが行き届いているので、その思いやりに対して素直に感謝しましょう。協調性が高いために自分の感情をあまり表に出さないA型上司は一見クールに見えますが、内面には、激しい感情を持っています。その中でも、プライドの高さは4つの血液型の中でも一番と言ってもいいほどです。プライドの高さを傷つけられようものなら、冷静さを失い、ものすごい剣幕で部下を怒鳴りつけることもあります。だから、人前で非をとがめたり、反対意見を言ってはいけません。断りや反対意見を言う場合は、一対一の席で「誠に申し訳ないのですが」と平身低頭の姿勢で対応しましょう。

A型上司の心をつかむための3つのポイント

「やっつけ仕事」はせず、じっくりと丹念に取り組む
能力をアピールするよりも、律義さや真面目さを見せる
絶対に「プライド」を傷つけてはならない

上司がA型なら、この3つのポイントを気をつけるだけで評価が上がること間違いありません。

次の記事

「B型上司の心をつかむための3つのポイント」

参考本

「「血液型」で性格と相性がおもしろいほどわかる本(能見俊賢)」

    
コメント