TV業界でも話題! 気になるあの人と確実にラブラブになれる占い!?

ちょっと気になるあの人と血液型、星座占いをしてみたら、「血液型がA型の女性とB型の男性は相性が悪い」「みずがめ座とかに座の相性は最悪」なんて悲惨な結果が出て、落ち込んだ経験、誰しもあると思います。

そうは言われても諦めきれないし、自分がどれだけ努力しても、生まれた時からずっと変わらないものに運命を左右されてしまうなんて、面白くないですよね。

「カテゴライズド」と呼ばれる性格診断をご存知ですか? 『金スマ』『さんまのからくりTV』などを手掛けたTBSプロデューサー角田陽一郎氏が発案した、たった3つの質問で、その人がどういうタイプの人間かを当ててしまうという診断です。

この診断が今までの占いや診断と違う所は、「可変型」であること。日によって、あなたの気分によって、診断結果を変えられるのです。

この「カテゴライズド」を使えば、「あなたと彼の相性は最悪」なんて結果が出ても、その原因がはっきりとわかり、対策していく事で、ラブラブ関係にまでなれるのです!


■まずはあなたのタイプを診断

以下の質問に◯か×で答えてみてください。

Q1. 自分はバカではないと思う
Q2. 私はどちらかというとMよりもSだ
Q3. 何か困難にあった場合、正面から戦う方だ

Q1.~Q3.の質問にそれぞれ◯で答えたか×で答えたかで、あなたのタイプをカテゴライズしちゃいます!

タイプは、質問の答えが×××で「勤勉家」、××○で「思想家」、◯×◯で「革命家」、○××で「分析家」、○○○で「冒険家」、×○×で「経済家」。◯◯×で「人情家」、×○◯で「芸術家」の、全部で8タイプ。

この8タイプ同士にはそれぞれ、ラブラブからイライラ、無関係まで、8段階の相性の良し悪しがあります。

■次に相手のタイプを診断

同じ質問を彼(彼女)にしたら、相手ならどう答えるだろうか?という予想をしてください。その結果で、相手が何タイプなのかを診断します。

ここで肝心なのは、彼が実際にどう答えるか?よりも、あなたが彼の事をどう感じているか?なので、あなたの予想で彼が何タイプか決めてしまってOKです!つまり、「カテゴライズド」では、わざわざ相手の血液型などを調べなくても、こっそり診断できちゃうんです!

■あなたと相手の相性は?

例えばあなたが×××の勤勉家で、彼が○××の分析家だったとします。
この場合、二人の相性は“イライラ関係”。ショックですよね。

でも、諦めないでください。この場合彼とラブラブになるにはどうすればいいのかをお教えしましょう。勤勉家のあなたが「Q1. 自分はバカではないと思う」の答えを×から○に、「Q2. 私はどちらかというとMよりもSだ」の答えを×から○になるようにふるまえば、あなたは◯◯×の「人情家」になり、分析家の彼とは“ラブラブ関係”になれるのです。

■どうしてラブラブになれるの?!

このからくりを明かしますと、Q1の質問は実は「自分に対してポジティブかネガティブか」を聞いています。この「自己認識」は同じ方が、相性は良くなりやすいのです。
Q2はSかMか、対人傾向を聞いているので、SとMが逆の方が相性がいいに決まっていますね。ちなみにQ3は「世界観」を表していて、これも同じ方が相性は良くなりやすいです。

いかがでしょうか?
この診断結果は、あなたに「違う人間になれ」と言っているわけではありません。好きな彼の前でだけ、いつもより会話が弾むようになれるきっかけをくれているのです。

たとえ最初はうまくできなくても、「こうすればうまくいく」という手がかりを見つけ、イキイキとふるまうあなたを見て、相手の行動も変わってくるでしょう。そのきっかけが大事なのです。

気になる他のタイプ同士の相性、対策は『星座占い・血液型診断よりもよく当たる 究極の人間関係分析学カテゴライズド』にて詳しく紹介されています。

「カテゴライズド」を駆使して、気になるあの人とラブラブになっちゃいましょう!

同じ本の記事

「たった3つの質問であなたがわかる、人間関係分析学<カテゴライズド>とは?」の詳細を調べる

    
コメント