初対面の人には好きな色を聞け?相手の本心を読み取る方法

人と話している時など、「この人心の中では何を考えているのだろうか」……と思うときはありませんか?実際、人の心はなかなか読めないもの。けれども、実は僅かなやり取りの中でも相手の性格や心理状況は表れます。今回はあらゆる場面で人の心理・性格を読み取る方法をご紹介します。


■メールから人の性格を読み取る

メールの一文が短く、歯切れが良い文章を送る人は、権威主義的な性格で、押しが強い傾向にあります。一方で、ダラダラと長い文章を送る人は、意気地なしで気が弱い性格の傾向があります。また、返信時間が早い人は、判断が早く仕事が出来る人も多いですが、自尊心の強い人の傾向もあります。

■交渉相手の心理を読み取る

交渉相手と握手をするときに、握手が力強い人は積極的な人物である一方、弱弱しい握手をする人は、無感動・無関心な人である傾向があります。

また、視線の動きからも相手の心理状況が読み取れます。相手の視線がじっと止まっているときは、「不安」の感情、すばやく右に動くと、「混乱」、すばやく左に動くと「緊張」、動きがゆっくりしていると「安心」していることがわかります。

■初対面の人からは好みの色を聞く

好みの色からも性格が読み取れます。

例えば、赤を好む人は、性格的に健全であったり、自己主張が激しかったり、不満を感じやすい傾向にあります。黄を好む人は、明るく、人の先頭に立つことを好み、いつまでも子供でいたいと願っているという特徴があります。緑を好む人は、感情を表に出さず、落ち着きがあって、冷静、悪く言えば慎重すぎる傾向にあります。そして、青を好む人は、ルールにこだわるタイプで几帳面な人が多いです。

簡単な心理テストのようで面白いものですね。生活のあらゆる場面で使えることなので、是非使ってみてはいかがでしょうか。

「人の心は9割読める(内藤 誼人)」の詳細を調べる

    
コメント