女性が占いを好む理由

個人差があるとはいえども、女性と男性では、女性のほうが占いに対して肯定的な姿勢を示すもの。毎朝ニュース番組で、自分の今日一日の占いを確認している人も少なくないのではないのでしょうか。一方、男性は占いを否定的に捉えがち。では、なぜ、そんな差が起きるのでしょうか。


■女性と男性の違い

まず、理由の一つに女性と男性の違いが挙げられます。女性は過去よりも1~2年先の近未来が気になる未来志向である一方、男性は過去の出来事を気にする過去志向。この傾向は、知識人や学者、官僚、医者、弁護士、一流企業のサラリーマンなどのいわゆる、エリート男性に顕著に見られます。

そのため、女性は、本気で近未来に自分に起こることに真剣で過去に縛られずに前向き人間の傾向がある一方で、男性は、過去の出来事の詳細を調べ上げ、そこから学ぶことしかできない後ろ向き人間の傾向があります。こうした女性と男性の違いが、占いに対する男女の考え方につながるのです。

■社会が求める男性像・女性像

次に、社会によって求められてきた男性像、女性像の違いも影響しています。男性は、自分の運命は切り開く、強い男性を演じて生きなければならない男性像を無意識的に抱えている傾向があります。

一方で、女性は女に生まれたというだけで、仕事、結婚、出産などといったイベントを体力も男性より劣るのに求められます。そのため、女子は運命を切り開くことよりも、決まった運勢に従って適当に生きたいと無意識的に思っている傾向があるのです。

男性と女性に対する占いの考え方は確かに存在します。お互いの違いを踏まえて分かり合えると良いですね。

「なぜ女と経営者は占いが好きか(副島 隆彦)」の詳細を調べる

    
コメント