同窓会は行くべきか?

同窓会の案内状がやって来た時あなたならばどうするでしょうか。懐かしいあの人に会いたいという気持ちがある一方で、同級生に合わせる顔がないという人もいるでしょう。あるは恋が始まるかもしれない、なんて淡い期待を抱く人もいるかもしれません。


選択は2つ

同窓会への参加については伊集院光さんが良い言葉を残しています。

「行って後悔するのと、行かないで後悔するのならば、前者の後悔の方がいい」

なるほど、至言です。良い言葉です。結局は行きたい理由と行きたくない理由があるから、人は同窓会への参加を逡巡するのです。2つの理由を重ねあわせて、メリットが大きい方を選ぶようにすればいいでしょう。

立場を気にできるか

さらに、同級生たちと収入や社会的な立場などを比べて、自分がみじめな気分になってしまうかもしれないという憂慮もあるかと思います。しかし、それならばいっそのこと窮状を訴えてみる、開き直ってみるというのもひとつの手でしょう。

地位や名誉など関係ないのだと、善意を信じてみるのも手です。あるいは「仲間は助けてくれない。最後は自分である」という人生のルール、勉強をする場所と割り切るのも良いでしょう。

思い出補正の調査

同窓会へ足が向かいのは目的がないためであると思われます。何か一つでも目的を設定したならば、それを理由に同窓会へ足を向けることもできるでしょう。自分の記憶と周囲の記憶を重ねあわせて検証する「思い出補正」の場として活用しても良いかもしれません。

「同窓会幹事代行業者が見た、ドロドロ人間模様!」の詳細を調べる

    
コメント