人間関係の悩みをなくす! いじられ上手になるための10のテクニック

人間関係の悩みをなくすには、「いじられ」上手になることがポイントです。人間関係を良くするためのいじられ上手になるテクニックを紹介してます。


いじられ上手になるための10のテクニック

1. キャラいじられ

自分のキャラを作り、それを売り込む

2. 劣等感いじられ

自らのコンプレックスを堂々と口に出す

3.言葉遊びいじられ

音の響きやリズムが同じで違う意味の言葉を言う

4. 勘違いいじられ

わざと間違った言動を行う

5.あべこべいじられ

自分の気持ちとは逆の言葉や動きを行う

6. 低姿勢いじられ

極端にへりくだった言動をする

7. 引用いじられ

だれもが知っている作品や人物などの有名なセリフを使う

8. 死語いじられ

今使うと違和感を覚える古い言葉をあえて使う

9. 妄想いじられ

思い込みの激しい言動を口に出す

10. 否定のち共感いじられ

相手の言動をいったん否定しておいてから共感する

いじられ上手になる10のテクニックの活用方法

1「キャラいじられ」は、自分がいじってほしいキャラを作り、それを売り込む方法です。キャラを強調する「キャラ+だから」とキャラのギャップを見せる「キャラ+だけど」の2つのいじられ方があります。

2「劣等感いじられ」は、あまり触れて欲しくない部分をあえて自分から言うことで、相手に変ないじらせ方をさせないという方法です。自分からコンプレックスを口にするあなたに対して、周りは好感を持つようになるでしょう。

3「言葉遊びいじられ」は、相手の言葉を受けて、自分も同じもしくは似たような音やリズムの言葉で切り返す手法です。回転の早さが求められるので、いろんな言葉を知っておく必要があります。

4「勘違いいじられ」は、自分の知らない話題が出てきたとき、わざと知ったかぶりをしてボケるという手法です。ただ、自分が笑いを取って終わりにするのではなく、相手にきちんと話の本筋を返してあげましょう。

5「あべこべいじられ」は、自分の気持ちや発言とは逆の言動を行うことを言います。自分の気持ちと逆の言葉を発するパターンと、逆の行動をするパターンの2つの手法があります。 

6「低姿勢いじられ」は、些細な出来事に対して大げさなほど低姿勢を見せるといういじられ方です。そのギャップに相手は笑ってしまうでしょうが、叱られているときなどにこれをやると、相手の気持ちを逆なでしてしまう恐れがあるので注意しましょう。

7「引用いじられ」は、有名な作品の名ゼリフをそのまま、もしくはアレンジして使う手法です。このとき、周りが知っている作品でなければ通じないので、引用元には気を付けましょう。

8「死語いじられ」は、あえて時代遅れの古い言葉を、しつこく使うという手法です。あくまでもボケだということをアピールするために、大げさ&しつこくを心掛けてください。

9「妄想いじられ」は、自分の不安や欲望などの妄想をわざと声に出すことで、相手にいじらせる方法です。

10「否定のち共感いじられ」は、一度、相手の発言を否定しておいて、それから共感するという手法です。これは、否定の仕方が強ければ強いほど、その後の大げさな共感で笑いが取れます。

今回紹介した「いじられ術」をうまく活用して人間関係の悩みをなくしましょう。1つのテクニックだけを多用せずに、さまざまなテクニックを使えるようにした方が効果的です。いじられ術で愛されて、人間関係を良くしましょう。

「お笑い芸人に学ぶ いじり・いじられ術(田中イデア)」の詳細を調べる

    
コメント