信頼関係を築くメソッド「ジョハリの窓」三段活用

信頼関係を築くメソッド「ジョハリの窓」三段活用を紹介します。


ジョハリの窓の基本

あなたは「ジョハリの窓」をご存じでしょうか。自分が知っている自分と、他人が知っている自分、自分が知らない自分と、他人が知らない自分、以上を4つのカテゴリに分け、コミュニケーションと自己開示との関係を解説するものです。

1. 開放の窓

公開された自己。
自分がわかっている×他人がわかっている

2. 盲点の窓

自分は気づいていないものの、他人は知っている自己。
自分がわかっていない×他人がわかっている

3. 秘密の窓

隠された自己。
自分がわかっている×他人がわかっていない

4. 未知の窓

誰からもまだ知られていない自己
自分がわかっていない×他人がわかっていない

他者からのフィードバックをもらいながら、どの窓が一番大きく開かれているかを確認していきます。たとえば、「秘密の窓」が大きい場合は自己開示が少ない傾向にあり、「盲点の窓」が大きい場合は他者からのフィードバックをたくさんもらい、自己理解を深めるといいと言われます。人と信頼関係を築いていくのに、ジョハリの窓の三段活用をおすすめしています。

「ジョハリの窓」三段活用

まず一段階目は、「開放の窓」。ここは、自分も他人もわかっていること、つまり外から見てその人のわかりやすい面を指しています。まずはこの部分を認めたりほめたりします。

たとえば、「Aさんは、いつも元気で明るくて、まわりを幸せにするオーラが出ていますよね」と、その人の見た目どおりのことを伝えます。言われた本人も違和感はなく、すんなり受け取ることができます。

二段階目は、「秘密の窓」。ここは少し想像力が必要です。なぜなら、自分はわかっているけれど他人にはわかっていない窓だからです。

他の人にはわからないようなことを、あなたは想像しなければなりません。これは、「表面的にはこうだけれど、ひょっとしたらこうなのでは」という部分を探す作業です。

たとえば、「Aさんはいつも元気で豪快なイメージがありますが、実は繊細な部分をお持ちなのではないかと感じるんですよね」というふうに伝えると、「あれ? この人、他人にはわかってもらえない本当の自分を理解してくれる人かも」と思ってもらえます。

たとえあなたの想像が間違っていてもかまいません。「私は●●だと感じた」と、Aさんに感じたことをそのまま伝えればいいのです。それを伝えるときには、注意も必要です。「繊細そうに見えますが、実は大雑把ですよね」と言われたら、相手は不快な思いをするかもしれません。

あなたが感じたことで、相手にとって不快にならないであろうことを、そのまま伝えてみてください。

そして、最後の三段階目です。本当の自分を理解してくれる人かもしれない。そう思ったAさんはあなたに少しずつ心を開いてくれます。

そのときに入るのが「盲点の窓」です。相手は気づいていない点であなたが感じたことを伝えるのです。こうすることで、あなたの言葉はAさんの心に他の人よりも深く入ります。たとえば、

「Aさんは、みんなを元気にするために日々一生懸命お仕事をされていますよね。とてもすばらしいと思います。でも、ご自分でも気づかれないうちに、気を張りすぎて疲れてしまうこともあるのではないですか。時には、ご自身の気持ちをストレートに出してもいいと思いますよ。それもAさんの魅力としてみんなが受け止めてくれると思います。頑張りすぎないでくださいね」

というような感じです。

三段活用で深く届ける

こうして三段活用させることで、Aさんの心により深く言葉を届けることができます。いきなり三段目を伝えるよりも、まずはみんなが知っているAさんを私も同じよに認めていますよということをお伝えし、心の距離を縮めてもらうのです。

次に、本当のAさんはこうなのでは? というみんなが知らないAさんの一面を想像して伝えます。そうすることで「この人は自分のことを理解してくれる人かもしれない」と感じ、心を開いてくれます。その後に、Aさん自身も気がついていない面を伝えてあげるという順番です。

自分も気がついていない面をフィードバックされることは、なかなか受け取りにくいこともありますが、自分の理解者からのフィードバックであれば、すんなり受け止めやすくなります。コーチングのときにも活用できるコミュニケーション手法です。

参考本

「期待以上に応える技術(網野麻理)」

    
コメント