教育

  • ()
  • ()
  • ()
  • 教育格差を考える

    教育というのは日本においては三大義務のひとつに数えられます。教育を受ける権利であり、保護者にとっては受けさせる義務となっています。この義務教育というのは小学校の6年間と中学校の3年間とさだめられています。教科書も無料で支給されます。さらにほとんどの人はその先の高校へ進学することがほとんどです。

  • 18歳からの教養とは?

    学校の勉強とは別に、教養と呼ばれるものがあります。これはどういったものとして定義されるでしょうか。高校時代までの勉強は教科書に記されたものを覚えて、テストでアウトプットしていくものとしてとらえられるでしょうね。そこにおいては、勉強というものが定義づけられるでしょう。それは数学は数学、国語は国語として教科としても分類されています。さらには、国語であっても現代文のほか古文や漢文といったものにも分かれてゆきます。それらは互いに結びつくことがなく別個に分かれたものともいえるでしょう。それを結びつけるもの、さらにはテストに出るばかりではないとわからせてくれるものが教養であるといえるでしょう。

  • 運動会なぜ9月?

    9月の名物学校行事といえば運動会ではないでしょうか。地域によってもことなりますが、9月1日に学校へ行き始業式を終えたと思ったならば、すぐに運動会の練習がはじまり、残暑の中でありながらも暑い思いをしたといった経験がある人も少なくないでしょう。もう少し過ごしやすい季節に運動会をやってくれないものかと思った人もいるのではないでしょうか。実際に地域によっては5月や6月に運動会をやるといったところもありますが、圧倒的に9月が多いのはなぜなのでしょうか。

  • 日本の盲点は文系?

    文系というのはよし悪し、特に悪しといったものが批判されます。そもそも文系、理系といった区分自体が不毛ではないかといったいわれもありますね。

  • 大学四年間でやっておくべきこととは?

    大学というのは四年間ありますが、これは長いようで短い期間であるといえるでしょう。そこにおいては何となく卒業してしまう人も少なくありません。しかしながら、それは非常にもったいないことでもあるでしょう。

  • 転部転科はアリなのか?

    大学には転部、転科といった制度があります。これはほとんどの大学に設置されているといえるでしょう。今ある学部から違う学部や学科を受験するというものです。学力試験が課される場合もあるほか、面接だけというところもあります。大学を変える試験というと、ある大学から別の大学へと入る編入学試験が知られていますが、今の大学に満足しているならば転部転科といった制度を利用するのもありでしょう。

  • 夏休みなぜ40日?

    小中高校などの夏休みはおよそ40日間あります。これはもっとも長い地域によるもので、一方で寒い地方などは冬休みが長い代わりに夏休みが短いというところもあります。ところで気になるのは、この日数でしょう。なぜ40日もあるのかということですね。夏休みというのは、とても長いですよね。特に少年時代などは、この時間が永遠に続くのではないかといった感覚にとらわれる人もいたのではないでしょうか。あるいはきりよく、8月いっぱいを1ヶ月休みにするといったこともあってもよさそうですが、なぜそうしないのでしょうか。

  • 小学6年生までの語彙力を知る

    語彙力というのは、大きな要素だと言えるでしょう。ビジネスシーンなどで会話をしていて、ふと幼い言葉づかいが出てしまうのは考えものです。それだけで、この人はちょっと勉強が足りない人なのではないか、きちっとした生育環境にいなかったのではないかといったことが疑われてしまうからです。

  • 旧制大学とは何か?

    旧制大学と呼ばれるものがあります。これは、学校教育法の施行よりも前に存在していた大学全般を指す言葉です。学校教育法は1847年4月に施行されていますので、おおよそは戦前からある学校という扱いで良いでしょう。

  • 学歴詐称を見抜くには?

    2019年4月に、東京大学卒業を自称していた人が実際に入学歴も卒業歴もない学歴詐称をしていたことが話題となりました。学歴詐称をしている人というのは世の中にはそれなりの数がいるものと思われます。特に新卒ではなく中途採用などで会社へ入社した人は、卒業した大学の卒業証明書や成績証明書などを求められなかった経験があるのではないでしょうか。それならば詐称をしても良いのではないか、ばれないのではないかと思うかもしれませんが、これは問題です。

  • 論述式試験評価軸は?

    論述式試験と呼ばれるものがあります。論述式試験とは文章によって論述を行い、課題に回答するものですね。論述式試験に最初に遭遇するのは大学へ進学した時ではないでしょうか。それまでの一問一答形式の試験に慣れている人にとってはなかなか難易度の高い試験であると言えるでしょう。

  • 多浪の定義は?

    多浪と呼ばれるものがあります。何年も浪人を繰り返している人といった意味合いがありますね。多浪をしている人は苦労人ではあるのでしょうが、それはあまりポジティブには解釈されないようです。むしろ多浪はネガティブに解釈されることが多く、就職などでは不利になるとも言われています。

  • 大学の祝日授業なぜ?

    大学では祝日に授業が行われることが多くなっています。せっかくの三連休と思っていても、実はそのうち1日は授業があったなんてことも少なくありません。これはなぜなのでしょうか。

  • 学士入学とは何か?

    大学にはさまざまな入学方法があります。そのひとつが学士入学ですね。学士入学とは大学の学士号を取得した人間が、別の分野に入ることになります。

  • 虐待を予防する教育とは?

    小さい子供に対する虐待事件は心を痛めるトピックであるのは確かでしょう。なんとかならなかったのか、といったことは悔やんでも悔やみきれません。さらには血の繋がった実の親でありながら、なぜそのような非情な行動に走ってしまうのか。理性で歯止めをきかせることはできなかったのだろうかと思う人も多いでしょう。

  • 大学卒業式、欠席する理由は?

    3月は卒業式のシーズンです。そこにおいて、もっとも遅く卒業式が行われるのが大学です。一般的には3月の20日から、25日ぐらいの日時にかけて行われることが多いようです。この大学の卒業式は中学や高校の卒業式などと比べて欠席をする人が一定数います。これはなぜでしょうか。

  • 子どもの経済感覚を考える

    周囲の人と経済感覚の違いを感じることはあるでしょう。お金があればすぐに使ってしまう人、逆にきちっと貯められる人とそれぞれです。こうした経済感覚というのは、変えようと思ってもなかなか変えられるものではありません。特にお金を使ってしまう人は欲望に弱いといったこともあるでしょう。

  • 通信制高校とはなにか?

    高校はさまざまなスタイルが現れています。毎日学校へ通うといったスタイルだけではなく、最近では通信制の高校が出てきています。通信制高校とは「いつでも、どこでも、だれでも」入れる学校です。学費や入学金なども安く抑えられていることが多く、マイペースで学ぶことができます。

  • 大学生のためのメンタルヘルス

    メンタルヘルスというのは、つねに重要なものとしてあります。世間では小さなことでくじけてしまうことはよくないと言われており、それがかえってストレスをため込む原因となり、心の病を悪化させてしまうことにもなりかねません。さらには、そこにおいては正解がないというのもある意味ではやっかいなことであると言えるでしょう。

  • 大学院入試浪人はありえない?

    大学院の入試は、大学の学部の入試とは異なっています。かなり専門性の高い問題が出されます。語学の試験もその分野に関わる専門的な内容が出ます。そのため大学院の入試は浪人して何度も受けるといったことは通常はないと言えます。

1 / 6 1 2 3 4 5 最後 »