教育

子供の将来に大きな影響を与える教育。学校教育を考える上で役立つ情報を紹介します。

  • 学部選びはどう決める?

    大学に進学するにあたって、重要な要素となるものは学部選びです。この学部選びによって将来が左右されることもあります。

  • 大学編入の実情を知る

    大学編入は、多くの学生が一度は考えるといわれています。別の分野を学びたいが通っている大学には希望の学部学科がない、上位のランクの学校へ行きたい、そうした場合に大学の編入がひとつの手段として考えられます。

  • 大学1年生をどう過ごす?

    高校生から大学生となった時に、遭遇する違いはなんでしょうか。まず大学は圧倒的に自由です。さらに不干渉です。授業をサボっていても何もいわれません。その代わりに授業についていけなくなったり、出席が足りなくなって留年することになってもすべてが自己責任となってしまいます。

  • 文系と理系の歴史は?

    日本の場合、大学進学にあたり文系と理系を区別します。しかし、このことが学問の範囲を狭めているのではないかと批判もなされています。近年では学際系と呼ばれる、文系と理系が融合したような学問も増えています。

  • 獣医学部の役割は?

    大学の獣医学部の新設問題をめぐって政治が揺れています。獣医学部はこれまで50年間にわたり新設されなかった背景も明らかになりました。現在、獣医学部を学ぶことができる大学は国立大学では10校、公立大学では1校、私立大学では5校の合計16校となります。

  • 70年代の教育と滝山コミューン

    コミューンという言葉はいまや聞きなれないものとなっていますが、かつてはよく用いられていました。ヒッピーたちが山奥などに集団で移住し、そこで共同生活を送る場所を指してそう呼ばれます。ある種理想的な場所ですが、その分共同体の意識も強く、そこから一歩外れた人間は攻撃の対象となることもあります。そんな世界を描いた本が政治学者の原武史による「滝山コミューン一九七四」です。

  • 教育は洗脳である?

    教育とは何なのでしょうか。学校生活を考えてみましょう。いま思い返してみれば良い思い出という人もいれば、あの時味わった嫌な体験はもう二度としたくないという人もいるでしょう。

  • G型大学とL型大学とは?

    大学の改革議論は常に続いているといえますが、そのなかで話題となったものがG型大学とL型大学です。これはなにを意味するものでしょうか。

  • 欧米の6月は卒業式シーズン?

    6月といえば、日本の大部分は梅雨入りの季節です。ジメジメとした季節には、あまりウキウキした気分にはなれません。しかしながら欧米では、6月は卒業式のシーズンです。

  • 東大の教養学部って?

    東京大学には文系は文科1類から3類、理系は理科1類から3類まで、合計で6つの学類に分かれています。1年と2年時は全員が駒場の教養学部に所属し一般教養を学びます。3年次に成績に応じて、進学する学部と学科を選びます。この際、所属している学類が重要になります。

  • 理系センスとは何か?

    文系理系という区分けは、日本においては受験の場面などで登場するため、ごく当たり前のこととして受け入れられています。男性が圧倒的に多い理系の中で活躍する女性を「リケジョ」と呼ぶさまなどにも、文系理系の区分が現れているといえるでしょう。

  • 意外と高い大学中退率

    せっかく大学へ入ったにもかかわらず、さまざまな事情で辞めてしまう人は、あとをたちません。大学中退率が意外と高いことは、あまり知られていません。

  • 社会人大学生の入門書

    いつかは大学院へ行ってみたい、そんな思いを抱えている人はそれなりにいると思います。大学の学部時代はなまけてしまったからあらためて勉強をやりなおしたい、あるいはロースクールやMBA、心理学系の大学院などで仕事のスキルアップに役立つ資格を取りたいといった思いがある人もいるでしょう。社会人が大学院を目指す理由はさまざまです。

  • 文転、理転のメリット、デメリット

    日本の大学は入学時に文系と理系を選択します。文系入学者が理系に志望を変更することを理転、理系入学者が文系に志望を変更することを文転といいます。それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

  • 大学院は厳しい世界?

    大学院というとどういったイメージが思い浮かぶでしょうか。学問を追求し、日々精進している姿があるでしょう。しかし、そうした大学院のイメージはごく表面的なものでしかないといえます。近年は社会人大学院なども増えてきており、会社を辞めて大学院へ進みたいと考える社会人もそれなりにいるでしょう。そんな人たちにこそ読んでもらいたい本が岡崎匡史による『文系 大学院生サバイバル』 (ディスカヴァー携書) です。

  • 国立大入試、一期校、二期校とは?

    国立大学の入学試験は現在、前期試験と後期試験にわかれています。前期試験で8割ほどの定員を取るため、前期試験に第一志望を受けることが多いようです。この国立大学の入試のシステムはかつては一期校と二期校に分かれていました。

  • なぞの国立機関「大学院大学JAIST」が東大と肩を並べている理由

    大学院とは、大学を卒業した人が進学し、研究に没頭するための場所。 理系の学生の間では、就職に有利になるからと大学院に進学する人も多いとか。 文部科学省の「平成23年度学校基本調査」によると、 工学部の学生の大学院への進学率は38.2%、 理学部

  • 秋入学のメリットは?

    大学などに9月に入学する秋入学を導入する議論が本格化してきています。秋入学にはどのようなメリットがあるでしょうか? 暑い夏が休み 秋入学を導入すると、直前の6~8月は、現在の日本の大学でいうところの春休みのシーズンとなります。一年でもっとも暑い

  • 幻のバーベキュー入試とは?

    大学入試は多様化が進み、さまざまなユニークな入試も行われています。一芸入試などは、その顕著な例でしょう。かつてはバーベキューを入試科目に設定していた大学もありました。聞くも奇妙な入試ですが、一体どのような入試なのでしょうか。 その内容とは?

  • 大学の付属校は安心安全か?

    高校や中学選びのひとつの基準として大学の付属であるというものがあります。ここに入れば、上部の大学に進学できるという思いがあるかもしれません。しかし付属高校事情というのは、学校ごとに異なるものです。 ほぼ無試験 大学の付属校でもっとも恵まれている

1 / 3 1 2 3 最後 »