教育

子供の将来に大きな影響を与える教育。学校教育を考える上で役立つ情報を紹介します。

  • 中学浪人の事情は?

    ほとんどの人は中学校を卒業したのち、高校へ進学します。この高校へ入るにあたって、1年以上経過して新入学する人たちがいます。これは過年度生と呼ばれるものです。高校から大学にかけては浪人生というものは一定数いますが、中学においても存在するのです。どのような事情があるのでしょうか。

  • センター試験なぜ200点?

    大学入試であるセンター試験において、一部の科目は200点満点が設定されています。国語と外国語科目の英語がそれですね。さらに英語の場合はリスニング試験も加わるので250点となっています。なぜ、100点満点ではなく200点となっているのでしょうか。

  • 受験の足切りなぜある?

    受験において、足切りと呼ばれるものがあります。これは国立大学の受験者がセンター試験の結果をもとに出願したとしても、一定の点数に足りない場合は二次試験を受けさせてもらえないというものです。これは足切りと呼ばれるものですが、なぜあるのでしょうか。もしかしたら二次試験で挽回できるかもしれない、といった可能性もあるのではないかと思う人もいるかもしれません。

  • ギャップ・イヤー本来の意味は?

    高校を卒業して大学に入学するまでの時間を設定することをギャップ・イヤーと呼びます。日本においても欧米式にあわせて大学を10月始まりにしてはどうかといった意見がありますね。その場合、3月に高校を卒業したあとに半年ほどのギャップ・イヤーが生じることになります。

  • 卒論、手伝ってもらうのはアリ?

    インターネットのSNSサイトなどにおいてはこのシーズンになると「卒論やばい」「修論やばい」といった書き込みが多く見られます。大学の卒業論文や、大学院の修士論文などですね。大体の学校が1月下旬締切となっているわけですから、そろそろ大詰めと言えるでしょう。

  • 学校の当たり前を変える

    学校というのは、当たり前が多くあります。ちょっと古くさいのではないかとか、何をいまさらと疑問に思うような制度もあります。しかし、これまで続いてきたのだから、これからもそうなのだといった理不尽な理由で押し切られてしまうこともあるのではないでしょうか。

  • 卒業論文、提出時のエピソード

    毎年年末から年始にかけてのシーズンは、インターネットのSNSサイト上では、卒業論文や修士論文の準備が進んでいない人たちの焦りの言葉が並んでいます。「卒論やばい」「修論やばい」などはもはやバズワードになっていると言えるでしょう。

  • 二重学籍なぜダメ?

    今の日本では、異なる2つの大学に同時に通うことはできません。これは二重学籍と呼ばれ大部分の学校で禁止されている行為です。私立大学などはお金を払っていれば、2つや3つの学校に通っていいのではないかと思いますが、法律で禁止されています。これはなぜでしょうか。

  • 大学院で学ぶには?

    大学を何となく卒業してしまったけれども、もう一度勉強をしてみたいという思いを抱えている人は多いかもしれません。そうした人におすすめなのが大学院です。現在は、働きながら学べる社会人向けの大学院が多く開講されています。

  • 大学の実力を知る

    大学選びにおいてポイントとなるのはどういったことなのでしょうか。やはり、どのような実力があるのかといった部分なのではないでしょうか。いわゆるお得な大学というべきものを探せるかもポイントであると言えるでしょう。

  • 大学、専門学校なぜ90分?

    大学や専門学校の授業単位は、1時間半、90分が標準的です。これより長い場合や短い場合などもありますが、45分や50分授業に慣れていた高校までからすると、ずいぶん長いように思われます。これはなぜなのでしょうか。

  • 大学と大学校の違いは?

    大学とは別に、大学校と呼ばれるものがあります。防衛大学校や、航空保安大学校、気象大学校といった学校がよく知られています。これらの大学校は専門の職業者育成のための学校で、募集人数も少ないです。一般人にとっては謎に包まれた存在と言えますが、この大学と大学校はどのような違いがあるのでしょうか。

  • 高校文化祭の歴史とは?

    学校における秋の名物行事といえば文化祭でしょう。かつては10月や11月がシーズンでしたが、最近では受験なども考えて9月、あるいは早いところだと5月や6月にやってしまう学校も多いようです。この文化祭にはどのような歴史があるのでしょうか。

  • アカデミックドレスとは?

    大学の卒業式の記念写真などにおいてガウンや四角い帽子をかぶる姿を見たことのある人は多いでしょう。これは、アカデミックドレスと呼ばれるものです。

  • 小論文の基本を理解する

    学校ばかりでなく、ビジネスの場などにおいても文章を書く機会は多いでしょう。そこで求められるのは、明確な文章を書く力です。それはエッセイのように文書の上手下手、あるいは味があるといったようなものではありません。きちんとした論旨で、読み手に自分の考えを伝えられる文章力が求められると言えるでしょう。

  • 世界の教養を1日1ページで

    教養は身につけるべきだと思っていても、なかなか思うようにいかないものです。教養は受験勉強のように一言一句暗記していくというものではありません。その人がどういう生き方をしてきたのか、あるいはどこに興味関心を持っているのか。そうした人となりがすべて見られているとも言えるでしょう。

  • 教養主義を問い直す

    世の中から教養が失われたと言われて久しいです。かつては複合的に結びついていた知識が、グーグルをはじめとする検索エンジンに置き換えられ、ウィキペディアあるいはまとめサイトなどの情報に取って代わられています。

  • 飛び入学は中卒扱い?

    優れた資質を有する学生が、高校を卒業しなくても大学に入学することが可能な制度として飛び入学があります。さらに、大学を卒業しなくても大学院へ入学できる飛び入学もあります。

  • 文系力を武器にする

    文系と理系という区分は、日本独自の制度であるといわれています。しかし、文系と理系で、大学選びもその後の就職も大きく違ってきます。一般的には理系は就職がしやすいといわれていますので、役立つ理系、役に立たない文系といった声もあります。果たして本当にそうなのでしょうか。

  • 学科の個性を知る

    大学選びにおいて、学部と学科選びは重要な要素です。もちろん編入や転部、転科といったこともできますが、選んだ学科によって何を学べるかがある程度決まるのも確かでしょう。さらに近年では、新しい名称を持つ学科も登場しています。そこでは何を学ぶことができるのか。そうした学科についての情報を網羅した本が石渡嶺司による『大学の学科図鑑』(SBクリエイティブ)です。

1 / 5 1 2 3 4 5 最後 »