教育

子供の将来に大きな影響を与える教育。学校教育を考える上で役立つ情報を紹介します。

  • 虐待を予防する教育とは?

    小さい子供に対する虐待事件は心を痛めるトピックであるのは確かでしょう。なんとかならなかったのか、といったことは悔やんでも悔やみきれません。さらには血の繋がった実の親でありながら、なぜそのような非情な行動に走ってしまうのか。理性で歯止めをきかせることはできなかったのだろうかと思う人も多いでしょう。

  • 大学卒業式、欠席する理由は?

    3月は卒業式のシーズンです。そこにおいて、もっとも遅く卒業式が行われるのが大学です。一般的には3月の20日から、25日ぐらいの日時にかけて行われることが多いようです。この大学の卒業式は中学や高校の卒業式などと比べて欠席をする人が一定数います。これはなぜでしょうか。

  • 子どもの経済感覚を考える

    周囲の人と経済感覚の違いを感じることはあるでしょう。お金があればすぐに使ってしまう人、逆にきちっと貯められる人とそれぞれです。こうした経済感覚というのは、変えようと思ってもなかなか変えられるものではありません。特にお金を使ってしまう人は欲望に弱いといったこともあるでしょう。

  • 通信制高校とはなにか?

    高校はさまざまなスタイルが現れています。毎日学校へ通うといったスタイルだけではなく、最近では通信制の高校が出てきています。通信制高校とは「いつでも、どこでも、だれでも」入れる学校です。学費や入学金なども安く抑えられていることが多く、マイペースで学ぶことができます。

  • 大学生のためのメンタルヘルス

    メンタルヘルスというのは、つねに重要なものとしてあります。世間では小さなことでくじけてしまうことはよくないと言われており、それがかえってストレスをため込む原因となり、心の病を悪化させてしまうことにもなりかねません。さらには、そこにおいては正解がないというのもある意味ではやっかいなことであると言えるでしょう。

  • 大学院入試浪人はありえない?

    大学院の入試は、大学の学部の入試とは異なっています。かなり専門性の高い問題が出されます。語学の試験もその分野に関わる専門的な内容が出ます。そのため大学院の入試は浪人して何度も受けるといったことは通常はないと言えます。

  • 未来の大学はどうなる?

    大学は日本においては最高教育機関として位置づけられています。しかしながら大学生の相対的な学力低下や、無気力さの表れなどが問題になって久しいですね。大学など意味がないのではないかといった過激な物言いも生まれてきています。これはある意味では仕方がないことでもあると言えるでしょう。

  • 大学入試は平等?

    大学入試のシーズンになると、いつも巻き起こるのが大学入試に意味があるのかといった問題です。難しい英単語や英語長文などの問題をこなしたとしても、英語がスマートに話せる日本人がいないといったことですね。さらに、受験で得た知識が社会に出てから何の役にも立たない、さらに大学の授業ですら役に立たないといったこともあります。果たして本当にそうなのでしょうか。

  • 伝わるレポートの書き方とは?

    大学生になると、これまでとは違い、レポートの課題が出されることが多くなります。このレポートというのは非常に厄介な存在です。論文まで格式張ったものではないにせよ、単なる感想文といった類のものでもありません。わかるようでわからない、レポートとはどういったものなのでしょうか。

  • 大学休学のメリット、デメリットは?

    大学には休学と言われるシステムがあります。この休学にはさまざまなメリットとデメリットがあります。それを考えてみましょう。

  • 楽しみながら鍛えるコミュニケーション能力

    コミュニケーション能力というのは、どうすれば身につけることができるでしょうか。身も蓋もない言い方をしてしまえば、習うより慣れろということにつきるかもしれません。さらに、そこにおいては楽しみながら学ぶことも重要だと言えるのではないでしょうか。

  • 「政治経済」と「現代社会」の違いは?

    高校の社会科の公民科目において、政治経済と現代社会があります。さらにもうひとつ倫理社会があります。倫理社会の場合は哲学や思想といったものを中心に学ぶものだとわかりますが、政治経済と現代社会は内容が一部重複している部分もあります。両者にはどういう違いがあるのでしょうか。

  • 中学浪人の事情は?

    ほとんどの人は中学校を卒業したのち、高校へ進学します。この高校へ入るにあたって、1年以上経過して新入学する人たちがいます。これは過年度生と呼ばれるものです。高校から大学にかけては浪人生というものは一定数いますが、中学においても存在するのです。どのような事情があるのでしょうか。

  • センター試験なぜ200点?

    大学入試であるセンター試験において、一部の科目は200点満点が設定されています。国語と外国語科目の英語がそれですね。さらに英語の場合はリスニング試験も加わるので250点となっています。なぜ、100点満点ではなく200点となっているのでしょうか。

  • 受験の足切りなぜある?

    受験において、足切りと呼ばれるものがあります。これは国立大学の受験者がセンター試験の結果をもとに出願したとしても、一定の点数に足りない場合は二次試験を受けさせてもらえないというものです。これは足切りと呼ばれるものですが、なぜあるのでしょうか。もしかしたら二次試験で挽回できるかもしれない、といった可能性もあるのではないかと思う人もいるかもしれません。

  • ギャップ・イヤー本来の意味は?

    高校を卒業して大学に入学するまでの時間を設定することをギャップ・イヤーと呼びます。日本においても欧米式にあわせて大学を10月始まりにしてはどうかといった意見がありますね。その場合、3月に高校を卒業したあとに半年ほどのギャップ・イヤーが生じることになります。

  • 卒論、手伝ってもらうのはアリ?

    インターネットのSNSサイトなどにおいてはこのシーズンになると「卒論やばい」「修論やばい」といった書き込みが多く見られます。大学の卒業論文や、大学院の修士論文などですね。大体の学校が1月下旬締切となっているわけですから、そろそろ大詰めと言えるでしょう。

  • 学校の当たり前を変える

    学校というのは、当たり前が多くあります。ちょっと古くさいのではないかとか、何をいまさらと疑問に思うような制度もあります。しかし、これまで続いてきたのだから、これからもそうなのだといった理不尽な理由で押し切られてしまうこともあるのではないでしょうか。

  • 卒業論文、提出時のエピソード

    毎年年末から年始にかけてのシーズンは、インターネットのSNSサイト上では、卒業論文や修士論文の準備が進んでいない人たちの焦りの言葉が並んでいます。「卒論やばい」「修論やばい」などはもはやバズワードになっていると言えるでしょう。

  • 二重学籍なぜダメ?

    今の日本では、異なる2つの大学に同時に通うことはできません。これは二重学籍と呼ばれ大部分の学校で禁止されている行為です。私立大学などはお金を払っていれば、2つや3つの学校に通っていいのではないかと思いますが、法律で禁止されています。これはなぜでしょうか。

1 / 5 1 2 3 4 5 最後 »