大学選び

大学選びに役立つ情報やコツを紹介します。

  • 大学1年生をどう過ごす?

    高校生から大学生となった時に、遭遇する違いはなんでしょうか。まず大学は圧倒的に自由です。さらに不干渉です。授業をサボっていても何もいわれません。その代わりに授業についていけなくなったり、出席が足りなくなって留年することになってもすべてが自己責任となってしまいます。

  • 文系と理系の歴史は?

    日本の場合、大学進学にあたり文系と理系を区別します。しかし、このことが学問の範囲を狭めているのではないかと批判もなされています。近年では学際系と呼ばれる、文系と理系が融合したような学問も増えています。

  • 獣医学部の役割は?

    大学の獣医学部の新設問題をめぐって政治が揺れています。獣医学部はこれまで50年間にわたり新設されなかった背景も明らかになりました。現在、獣医学部を学ぶことができる大学は国立大学では10校、公立大学では1校、私立大学では5校の合計16校となります。

  • G型大学とL型大学とは?

    大学の改革議論は常に続いているといえますが、そのなかで話題となったものがG型大学とL型大学です。これはなにを意味するものでしょうか。

  • 欧米の6月は卒業式シーズン?

    6月といえば、日本の大部分は梅雨入りの季節です。ジメジメとした季節には、あまりウキウキした気分にはなれません。しかしながら欧米では、6月は卒業式のシーズンです。

  • 東大の教養学部って?

    東京大学には文系は文科1類から3類、理系は理科1類から3類まで、合計で6つの学類に分かれています。1年と2年時は全員が駒場の教養学部に所属し一般教養を学びます。3年次に成績に応じて、進学する学部と学科を選びます。この際、所属している学類が重要になります。

  • 理系センスとは何か?

    文系理系という区分けは、日本においては受験の場面などで登場するため、ごく当たり前のこととして受け入れられています。男性が圧倒的に多い理系の中で活躍する女性を「リケジョ」と呼ぶさまなどにも、文系理系の区分が現れているといえるでしょう。

  • 意外と高い大学中退率

    せっかく大学へ入ったにもかかわらず、さまざまな事情で辞めてしまう人は、あとをたちません。大学中退率が意外と高いことは、あまり知られていません。

  • 文転、理転のメリット、デメリット

    日本の大学は入学時に文系と理系を選択します。文系入学者が理系に志望を変更することを理転、理系入学者が文系に志望を変更することを文転といいます。それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

  • 大学院は厳しい世界?

    大学院というとどういったイメージが思い浮かぶでしょうか。学問を追求し、日々精進している姿があるでしょう。しかし、そうした大学院のイメージはごく表面的なものでしかないといえます。近年は社会人大学院なども増えてきており、会社を辞めて大学院へ進みたいと考える社会人もそれなりにいるでしょう。そんな人たちにこそ読んでもらいたい本が岡崎匡史による『文系 大学院生サバイバル』 (ディスカヴァー携書) です。

  • 国立大入試、一期校、二期校とは?

    国立大学の入学試験は現在、前期試験と後期試験にわかれています。前期試験で8割ほどの定員を取るため、前期試験に第一志望を受けることが多いようです。この国立大学の入試のシステムはかつては一期校と二期校に分かれていました。

  • 秋入学のメリットは?

    大学などに9月に入学する秋入学を導入する議論が本格化してきています。秋入学にはどのようなメリットがあるでしょうか? 暑い夏が休み 秋入学を導入すると、直前の6~8月は、現在の日本の大学でいうところの春休みのシーズンとなります。一年でもっとも暑い

  • 東大医学部の国家試験合格率が低い理由

    東大医学部といえば、日本の医学部の最難関クラスの学部です。医学部に入ればそのままお医者さんになれる、と思っている人もいるかもしれません。しかし東大医学部の医師国家試験合格率は意外と低いのです。 最近の例ですと2014年に行われた医師国家試験の場合、東京大

  • 意外と知られていない、美大入試の勘違い

    大学受験生にとってはそろそろ大学受験も終わりのシーズンですね。大学にはさまざまな入試形態が用意されています。美術大学にはデッサンなどの実技入試が課せられるところも多くあります。 自分のセンスの評価ではない この美大入試は、絵の試験なのだから、自

  • 大学はなぜ「郊外」に移転したのか?

    現在、新たに作られる大学のキャンパスは都市部に作られることが多くなっています。中には、都市部のビルの一角を借りてキャンパスとして展開することも多くなっています。さらに、一度郊外へ移転した大学も、再び都心へ回帰する傾向も見られます。そもそも大学はなぜ郊外へ移転し

  • 美大芸大はお金がかかる理由

    美術大学や芸術大学でアートを勉強したいという人もいるかもしれません。しかし、これらの分野は意外とお金がかかるものです。 絵の具代は学費? よくある勘違いとしては、美大に入ると絵具代金などは、学費に含まれているというものです。しかし、そんなことは

  • 早稲田の附属高校には留年生がいる?

    早稲田大学は日本を代表する有名大学です。早稲田大学には付属高校があります。当然、早稲田大学の入試とともに、高校入試も難易度が高くなっています。さらに授業のレベルも高いため、4年通う留年生がいます。 なぜ留年生が出るのか 留年して4年通ったとして

  • 大学の学部はシンプルなほど良い?

    大学の学部を選ぶにあたって一つの基準としてシンプルなものほど良いのではないかというものがあります。 学部は一文字 大学の学部といえばかつては文学部、法学部、医学部などの一文字学部が主流でした。実際、これらの学問は古代ギリシア時代から存在する伝統

  • 学部で考える大学の選び方

    大学進学を目指す人は志望校を決める段階に来ています。大学は学部ごとに分かれています。何を勉強したいのか決めかねている人もいるかもしれません。ここでは、学部の選び方をいくつかアドバイスします。あくまでも選択の参考要件の1つとして考えてもらえれば幸いです。

  • 高校生が知っておきたい大学の選び方

    そろそろ高校生は進路選択を迫られる季節かもしれません。さらに進学を希望している人でも、自分の成績などに応じて志望校を設定する人もいるでしょう。ここでは大学選びのいくつかの基準をあげてみます。もちろんこれが正しい方法ではありませんが、ひとつの選考基準として持って

1 / 2 1 2 最後 »