大学選び

大学選びに役立つ情報やコツを紹介します。

  • 秋入学のメリットは?

    大学などに9月に入学する秋入学を導入する議論が本格化してきています。秋入学にはどのようなメリットがあるでしょうか? 暑い夏が休み 秋入学を導入すると、直前の6~8月は、現在の日本の大学でいうところの春休みのシーズンとなります。一年でもっとも暑い

  • 東大医学部の国家試験合格率が低い理由

    東大医学部といえば、日本の医学部の最難関クラスの学部です。医学部に入ればそのままお医者さんになれる、と思っている人もいるかもしれません。しかし東大医学部の医師国家試験合格率は意外と低いのです。 最近の例ですと2014年に行われた医師国家試験の場合、東京大

  • 意外と知られていない、美大入試の勘違い

    大学受験生にとってはそろそろ大学受験も終わりのシーズンですね。大学にはさまざまな入試形態が用意されています。美術大学にはデッサンなどの実技入試が課せられるところも多くあります。 自分のセンスの評価ではない この美大入試は、絵の試験なのだから、自

  • 大学はなぜ「郊外」に移転したのか?

    現在、新たに作られる大学のキャンパスは都市部に作られることが多くなっています。中には、都市部のビルの一角を借りてキャンパスとして展開することも多くなっています。さらに、一度郊外へ移転した大学も、再び都心へ回帰する傾向も見られます。そもそも大学はなぜ郊外へ移転し

  • 美大芸大はお金がかかる理由

    美術大学や芸術大学でアートを勉強したいという人もいるかもしれません。しかし、これらの分野は意外とお金がかかるものです。 絵の具代は学費? よくある勘違いとしては、美大に入ると絵具代金などは、学費に含まれているというものです。しかし、そんなことは

  • 早稲田の附属高校には留年生がいる?

    早稲田大学は日本を代表する有名大学です。早稲田大学には付属高校があります。当然、早稲田大学の入試とともに、高校入試も難易度が高くなっています。さらに授業のレベルも高いため、4年通う留年生がいます。 なぜ留年生が出るのか 留年して4年通ったとして

  • 大学の学部はシンプルなほど良い?

    大学の学部を選ぶにあたって一つの基準としてシンプルなものほど良いのではないかというものがあります。 学部は一文字 大学の学部といえばかつては文学部、法学部、医学部などの一文字学部が主流でした。実際、これらの学問は古代ギリシア時代から存在する伝統

  • 学部で考える大学の選び方

    大学進学を目指す人は志望校を決める段階に来ています。大学は学部ごとに分かれています。何を勉強したいのか決めかねている人もいるかもしれません。ここでは、学部の選び方をいくつかアドバイスします。あくまでも選択の参考要件の1つとして考えてもらえれば幸いです。

  • 高校生が知っておきたい大学の選び方

    そろそろ高校生は進路選択を迫られる季節かもしれません。さらに進学を希望している人でも、自分の成績などに応じて志望校を設定する人もいるでしょう。ここでは大学選びのいくつかの基準をあげてみます。もちろんこれが正しい方法ではありませんが、ひとつの選考基準として持って

  • 都内にあった夜間大学

    今は無くなってしまいましたが、かつて早稲田大学には第一文学部と第二文学部がありました。第一文学部は昼間主体、第二文学部は夜間主体の学部になります。第二文学部は文化構想学部に改組されています。 まだまだあった二部学部 当初、早稲田大学には、第二文

  • 大学が100円朝食を提供するワケ

    大学が学生向けに100円などの廉価な値段で朝食を提供するサービスを始めています。ご飯と味噌汁に、メインのおかずと小鉢、漬物が揃った申し分ない内容となっています。大学はなぜこういったサービスを始めるようになったのでしょうか。 生活リズムをつける

  • 東京大学における法学部と経済学部の学生のキャリア格差

    日本一頭がよい大学である東京大学。将来の心配などないようにみえます。しかし、最近の東京大学ではキャリアに関してとある変化が起きています。今回は、就職にいたるまでに起きる東京大学における法学部と経済学部の学生のキャリア格差について紹介します。 ■東

1 / 1 1