国立大入試、一期校、二期校とは?

国立大学の入学試験は現在、前期試験と後期試験にわかれています。前期試験で8割ほどの定員を取るため、前期試験に第一志望を受けることが多いようです。この国立大学の入試のシステムはかつては一期校と二期校に分かれていました。


一期校二期校

一期校、二期校に分けた入試は戦後すぐの1949年から1978年まで実施されていました。一期校は3月乗旬に行われ、二期校は3月下旬に日程が組まれていました。現在も、国立大学の後期試験は3月中旬に試験が行われていますが、かつては4月の直前まで進路が決まらないといったこともあったのです。

なぜ分けていた?

なぜ国立大学の入試は一期校と二期校に分けられていたのかといえば、志願者が首都圏や有名校へ集中することを防ぐ目的があったようです。一期校に指定されていたのは東京大学、京都大学をはじめとする有名校や、旧帝大など都市部の大学が中心となっています。対して二期校は、地方にある大学や、都市部にあっても、あまり知られていない大学が多くありました。そのため、二期校は一期校のすべり止めといった性格をおのずと帯びてしまうようなこともありました。

    
コメント