都内にあった夜間大学

今は無くなってしまいましたが、かつて早稲田大学には第一文学部と第二文学部がありました。第一文学部は昼間主体、第二文学部は夜間主体の学部になります。第二文学部は文化構想学部に改組されています。


まだまだあった二部学部

当初、早稲田大学には、第二文学部以外にも二部学部が存在していました。1949年に、第二政治経済学部、第二法学部、第二商学部、第二理工学部が発足しました。

二部学部には働きながら通う勤労学生も多く通っていました。その後、1966年に文系学部である第二法学部、第二商学部、第二政治経済学部が合併して社会科学部となりました。第二理工学部はその後廃止されています。

早稲田以外の夜間大学

早稲田大学以外にも、東京都内には夜間大学が多くありました。働きながら通う人たちもいましたが、学費が昼間の学部にくらべて安いため、アルバイトをしながら学費と生活費を工面して通う学生も多くいました。

夜間学部は都内の主要な大学には多く存在していましたが2000年度以降は次々と廃止されてしまいました。さらに、昼夜開講制などに移行する学部も現れて、学費が昼間と同じ金額にはね上がってしまう学校もありました。

増えつつある夜間大学院

現在では大学の学部だけではなく社会人に向けた夜間大学院を設置する学校も多くあります。さらに自宅でインターネットを通じて課題の提出や授業の映像を眺めるオンライン学習を推進する学校も出てきました。学びの形に変化が生じているのです。

    
コメント