楽しみながら鍛えるコミュニケーション能力

コミュニケーション能力というのは、どうすれば身につけることができるでしょうか。身も蓋もない言い方をしてしまえば、習うより慣れろということにつきるかもしれません。さらに、そこにおいては楽しみながら学ぶことも重要だと言えるのではないでしょうか。


楽しみつつ学ぶ

菊池省三と菊池道場による『楽しみながらコミュニケーション力を育てる10の授業』(中村堂)は、学校の先生に向けた授業術に関する本です。しかしながら、ここに記されているものは、基本的には人と人が相対するコミュニケーションに関する記述でありますから、ビジネスシーンや、あるいは私生活など、あらゆる場所において応用可能なものであると言えるでしょう。

主体的で深い学び

本書が目指しているものは主体的・対話的で深い学びです。いわば、子供たちに興味を持ってもらう、あるいはやる気にさせるといったことがあるのではないでしょうか。これは仕事においても、確かに役立つものであるでしょう。相手にプレゼンテーションにおいて興味を持ってもらうにはどうすればいいのか、自分たちに興味を持ってもらうにはどうすればいいのか、そうした基本的なテクニックが網羅されています。実際にすぐにでも実践できるような内容がそこにはありますから、まずは気軽に手にとって読んでみて、そこから気になるポイントをピックアップしていってはいかがでしょうか。

    
コメント