コスパで考える〜バイトをするより授業に出た方がいい?

大学生の本分は勉強である、とはよく言われた建前です。しかし授業に出ずにバイトに精を出す人も多くいます。しかし、授業料はとても高額です。1コマ単位でもけっこうな金額になります。


単純に割ってみる

大学の卒業所要単位は124単位以上と定められています。現在ではセメスター制を取っている大学が主流です。セメスター制は、1年間を2学期に分けて、2単位、あるいは1単位ずつ授業を開講するものです。現在は4学期に分けてすべて1単位ずつにしようとする動きも広まっています。

大学の学費は学部や学校によってさまざまですが単純に年間100万円、4年間で400万円としましょう。

400万円の授業料を、124単位を2単位で割った62単位で割ると約6.5万円となります。大学の講義の回数は通常15週です。しかし、休講や祝日などでつぶれることもあり、大体13回程度のところも多くあります。6.5万円を15で割ると0.43という数字が出ます。つまり大学の講義は1コマにつき約4300円の金額がかかっているということになります。

もちろん語学や実習などの単位は、15週で1単位となるところも多いので、1コマあたりの値段はこれより下がります。さらに学費には施設維持費や図書館の運営費なども含まれているので、すべては授業の質につながるというわけではありません。しかし、どう低く見積もっても1コマあたり2000円くらいはかかっていそうです。

時給2000円のアルバイトはそうそうないので、学費を取り返すつもりならば授業に出た方が良いかもしれません。

「大学の講義中に周りの人にバレないようにするキス」の詳細を調べる

    
コメント