日本はなぜ4月入学なのか?

国公立大の2次試験の前期日程が終わり受験シーズンも一段落という人も多いでしょう。すでに学校に通っている人は3月に卒業し、新入生は4月に入学を迎える人も多いでしょう。そこで気になるのはなぜ4月に入学式が行われるのかということです。欧米では9月入学が一般的なものになっています。日本でも東京大学が9月入学導入を検討し、4月から8月までの期間をどう過ごすかという「ギャップイヤー」が注目されました。


明治の初期は9月だった?

学校への9月入学は高等学校では9月の入学が行われていました。これは欧米の方式にならったものです。さらに学校の教員も欧米から直接招聘をおこない、例えば医学ならばドイツ人の教員がドイツ語で、建築ならばイギリス人の教員が英語で教育を行っていました。そうした教員たちの事情に合わせたというものもあるかもしれません。しかし、間もなく4月入学が定着するようになります。

行政の事情

4月入学が定着した理由は、政府の会計年度が3月締めであるためです。当然、各道府県や市町村などの行政機関もそれにならうため、学校教育機関も、それらの都合にあわせて4月入学を行うようになるのです。まずは小学校が4月入学を実施し、これにともない上級の高等学校なども4月入学へシフトしていくようになります。9月入学の導入は、本来行われていた形、世界標準の形へ戻るといえるかもしれません。

「4月から5月にかけての引越しはお得か?」の詳細を調べる

    
コメント