学校

  • 旧制大学とは何か?

    旧制大学と呼ばれるものがあります。これは、学校教育法の施行よりも前に存在していた大学全般を指す言葉です。学校教育法は1847年4月に施行されていますので、おおよそは戦前からある学校という扱いで良いでしょう。

  • 学歴詐称を見抜くには?

    2019年4月に、東京大学卒業を自称していた人が実際に入学歴も卒業歴もない学歴詐称をしていたことが話題となりました。学歴詐称をしている人というのは世の中にはそれなりの数がいるものと思われます。特に新卒ではなく中途採用などで会社へ入社した人は、卒業した大学の卒業証明書や成績証明書などを求められなかった経験があるのではないでしょうか。それならば詐称をしても良いのではないか、ばれないのではないかと思うかもしれませんが、これは問題です。

  • 論述式試験評価軸は?

    論述式試験と呼ばれるものがあります。論述式試験とは文章によって論述を行い、課題に回答するものですね。論述式試験に最初に遭遇するのは大学へ進学した時ではないでしょうか。それまでの一問一答形式の試験に慣れている人にとってはなかなか難易度の高い試験であると言えるでしょう。

  • 多浪の定義は?

    多浪と呼ばれるものがあります。何年も浪人を繰り返している人といった意味合いがありますね。多浪をしている人は苦労人ではあるのでしょうが、それはあまりポジティブには解釈されないようです。むしろ多浪はネガティブに解釈されることが多く、就職などでは不利になるとも言われています。

  • 大学の祝日授業なぜ?

    大学では祝日に授業が行われることが多くなっています。せっかくの三連休と思っていても、実はそのうち1日は授業があったなんてことも少なくありません。これはなぜなのでしょうか。

  • 学士入学とは何か?

    大学にはさまざまな入学方法があります。そのひとつが学士入学ですね。学士入学とは大学の学士号を取得した人間が、別の分野に入ることになります。

  • 大学卒業式、欠席する理由は?

    3月は卒業式のシーズンです。そこにおいて、もっとも遅く卒業式が行われるのが大学です。一般的には3月の20日から、25日ぐらいの日時にかけて行われることが多いようです。この大学の卒業式は中学や高校の卒業式などと比べて欠席をする人が一定数います。これはなぜでしょうか。

  • 通信制高校とはなにか?

    高校はさまざまなスタイルが現れています。毎日学校へ通うといったスタイルだけではなく、最近では通信制の高校が出てきています。通信制高校とは「いつでも、どこでも、だれでも」入れる学校です。学費や入学金なども安く抑えられていることが多く、マイペースで学ぶことができます。

  • 大学生のためのメンタルヘルス

    メンタルヘルスというのは、つねに重要なものとしてあります。世間では小さなことでくじけてしまうことはよくないと言われており、それがかえってストレスをため込む原因となり、心の病を悪化させてしまうことにもなりかねません。さらには、そこにおいては正解がないというのもある意味ではやっかいなことであると言えるでしょう。

  • 大学院入試浪人はありえない?

    大学院の入試は、大学の学部の入試とは異なっています。かなり専門性の高い問題が出されます。語学の試験もその分野に関わる専門的な内容が出ます。そのため大学院の入試は浪人して何度も受けるといったことは通常はないと言えます。

  • 伝わるレポートの書き方とは?

    大学生になると、これまでとは違い、レポートの課題が出されることが多くなります。このレポートというのは非常に厄介な存在です。論文まで格式張ったものではないにせよ、単なる感想文といった類のものでもありません。わかるようでわからない、レポートとはどういったものなのでしょうか。

  • 大学休学のメリット、デメリットは?

    大学には休学と言われるシステムがあります。この休学にはさまざまなメリットとデメリットがあります。それを考えてみましょう。

  • 中学浪人の事情は?

    ほとんどの人は中学校を卒業したのち、高校へ進学します。この高校へ入るにあたって、1年以上経過して新入学する人たちがいます。これは過年度生と呼ばれるものです。高校から大学にかけては浪人生というものは一定数いますが、中学においても存在するのです。どのような事情があるのでしょうか。

  • ギャップ・イヤー本来の意味は?

    高校を卒業して大学に入学するまでの時間を設定することをギャップ・イヤーと呼びます。日本においても欧米式にあわせて大学を10月始まりにしてはどうかといった意見がありますね。その場合、3月に高校を卒業したあとに半年ほどのギャップ・イヤーが生じることになります。

  • 卒論、手伝ってもらうのはアリ?

    インターネットのSNSサイトなどにおいてはこのシーズンになると「卒論やばい」「修論やばい」といった書き込みが多く見られます。大学の卒業論文や、大学院の修士論文などですね。大体の学校が1月下旬締切となっているわけですから、そろそろ大詰めと言えるでしょう。

  • 学校の当たり前を変える

    学校というのは、当たり前が多くあります。ちょっと古くさいのではないかとか、何をいまさらと疑問に思うような制度もあります。しかし、これまで続いてきたのだから、これからもそうなのだといった理不尽な理由で押し切られてしまうこともあるのではないでしょうか。

  • 卒業論文、提出時のエピソード

    毎年年末から年始にかけてのシーズンは、インターネットのSNSサイト上では、卒業論文や修士論文の準備が進んでいない人たちの焦りの言葉が並んでいます。「卒論やばい」「修論やばい」などはもはやバズワードになっていると言えるでしょう。

  • 大学院で学ぶには?

    大学を何となく卒業してしまったけれども、もう一度勉強をしてみたいという思いを抱えている人は多いかもしれません。そうした人におすすめなのが大学院です。現在は、働きながら学べる社会人向けの大学院が多く開講されています。

  • 大学、専門学校なぜ90分?

    大学や専門学校の授業単位は、1時間半、90分が標準的です。これより長い場合や短い場合などもありますが、45分や50分授業に慣れていた高校までからすると、ずいぶん長いように思われます。これはなぜなのでしょうか。

  • 大学と大学校の違いは?

    大学とは別に、大学校と呼ばれるものがあります。防衛大学校や、航空保安大学校、気象大学校といった学校がよく知られています。これらの大学校は専門の職業者育成のための学校で、募集人数も少ないです。一般人にとっては謎に包まれた存在と言えますが、この大学と大学校はどのような違いがあるのでしょうか。

1 / 2 1 2 最後 »