大学院入試浪人はありえない?

大学院の入試は、大学の学部の入試とは異なっています。かなり専門性の高い問題が出されます。語学の試験もその分野に関わる専門的な内容が出ます。そのため大学院の入試は浪人して何度も受けるといったことは通常はないと言えます。

一度くらいはある

大学院の入試に落ちた場合は、翌年にもう一度受けるといったことがあるくらいでしょう。受かるまで何度も受けるといったことは通常はないといえます。

対策期間は短い

大学院入試の勉強というのは、範囲が狭いゆえに短期集中型が勝負だといえるでしょう。1年をかけて勉強をしてゆくというよりは、数ヶ月くらいをかけて対策をしてゆくのが通常といえます。さらに、大学院入試というのは問題集のようなものも市販されているとはいいがたく、その大学院の出身者などを通して情報収集をするといったことが行われています。

適正の問題

さらに大学院には向いている人と向いていない人もいます。誰かに言われたことをやっているだけではダメです。主体的に動ける人が向いているといえるでしょう。そのため大学院入試に何度も落ちているという人は実力不足もさることながら、そもそも大学院のような環境に適正がないといった理由も考えられます。