中学浪人の事情は?

ほとんどの人は中学校を卒業したのち、高校へ進学します。この高校へ入るにあたって、1年以上経過して新入学する人たちがいます。これは過年度生と呼ばれるものです。高校から大学にかけては浪人生というものは一定数いますが、中学においても存在するのです。どのような事情があるのでしょうか。

希望の高校へ行く?

もっとも大きな理由は、第一志望の学校を目指す場合です。高校入試においては受験に失敗したとしてもいわゆる滑り止め高校に不本意ながらも入学するパターンがほとんどです。しかしながら地方の場合は、高校の数が限られているため、不本意な学校の不本意の度合いが度を越しているといった場合もあるため、第一志望を目指すことになるのです。

本人の問題?

高校受験で失敗したとしても大学受験で挽回出来るという考え方もあります。そのため中学浪人は手段として選ばれることは少ないですが、そのあたりに関しては本人の意思の問題であると言えるかもしれません。

学年が違う?

さらに、高校はほとんどの人が同学年によって構成されていますので、気まずさもあるようです。さらに自動車免許を取得できる年齢になっても制限がかかる、部活動の大会出場などにおいても年齢制限があると言われています。そのあたりについては、ある程度のデメリットもあるものだと考えておくべきでしょう。