多浪の定義は?

多浪と呼ばれるものがあります。何年も浪人を繰り返している人といった意味合いがありますね。多浪をしている人は苦労人ではあるのでしょうが、それはあまりポジティブには解釈されないようです。むしろ多浪はネガティブに解釈されることが多く、就職などでは不利になるとも言われています。

多浪の定義は?

この多浪とはどういった定義がなされるのでしょうか。大学へ入学する、あるいは大学院へ入学するといった場合に浪人をする人はけっこういます。これらは多浪には含まれません。一般的に多浪は三浪以上とされていますので、一浪や二浪は普通として扱われています。

三年の違い

確かにひとつの学校に入るにあたって三年をかけるというのは、かなり遠回りになるため珍しい部類であると言えるでしょう。ただし、その学校に入らなければなれない学部といったものものもありますね。医学部などは典型的でしょう。医者になりたいという場合には、医学部を出ていなければなれません。これは歯学部や薬学部などでも同様です。

会社員は遠回り?

一方で会社員となると、22歳で大学卒の人が現役で入ることになる一方で、三浪となってしまうと25歳でのスタートとなってしまいますからかなり遅咲きとなってしまうでしょう。それでも留年を繰り返している人とは年齢が一緒になってしまうので、それほど気にすることはないといった見方もできますね。