学士入学とは何か?

大学にはさまざまな入学方法があります。そのひとつが学士入学ですね。学士入学とは大学の学士号を取得した人間が、別の分野に入ることになります。


どういう経歴になる?

学士入学は、ほかの学科を卒業したあとに入り直すというものです。途中で退学して別の学校へ入り直す編入学や、さらに同じ学校でも学部や学科を変える転部や転化とも異なります。そのため、経歴においては大学を卒業して別の学校へ入ったという形になります。

どういう学科が人気?

学士入学で人気の学科はどこになるのでしょうか。まずは純粋にほかの分野の勉強をしたいという思いがある人がいるでしょう。よくあるものでは同じ大学の経済学部を卒業したあと、法学部に学士入学するといったパターンがあります。さらには僧侶の資格を得るために、一般の大学を卒業したものの仏教系の学科がある学校へ学士入学する人もいます。やはり学士入学の時点で将来設計が求められると言えるでしょう。

資格取得目的も

さらには将来的な収入アップにつながる資格取得を目的とする学士入学があります。代表的なものは医学科、歯学科、獣医学科といったものですね。理系分野では建築学科もあります。これらの学科を卒業しなければ得られない資格が多いため、人気倍率は高いといわれています。一度大学を卒業して学士号を取得しておけば、このような広範囲の学科を志望して学士入学を目指すことも可能になります。

海外にも適用

さらに学士号というのは、ほとんど世界共通のものですから、日本の大学を卒業して海外の大学へ学士入学を目指すといったことも可能になります。このようにさまざまなアレンジメントが可能であるのが魅力だと言えます。大学は行っても意味がないということもよく言われていますが、学士号を取得することによるメリットはそれなりにあるのではないでしょうか。

    
コメント