家族

  • 「こんな未熟な俺が父親になれるの?」 出産前のパパの不安を減らす考え方

    「こんな未熟な俺が父親になれるの?」 出産前のパパは不安でいっぱいなんです。でも、子どもと接するうちに父親に育っていくからその不安も必ず解消されます。出産前のパパの不安を減らす考え方を紹介します。 父親像がもてない世代 父親になるとはいっ

  • 出産前の「おしるし(少量の出血)」があったときの対処法

    お産が近づくと、子宮口が少し開いたり、子宮収縮によって卵膜がはがれるため、少量ですが出血します。それが子宮頸管から出た粘液とまざって出てきたものがおしるしと呼ばれています。おしるしによる出血で慌てることがないように、「おしるし(少量の出血)」になったときの対処

  • 彼女が妊娠したとき「親になる実感がわかない」はNGワード! モテ夫になるキラーフレーズとは?

    彼女が妊娠したときに絶対に言ってはいけない言葉があります。それが、「親になる実感がわかない」です。不機嫌になられること間違いなしです。では、彼女が妊娠した時は、どう対処したらよいのでしょうか? モテ夫になるキラーフレーズを紹介します。 いっしょに

  • お産の選び方! 産科医、助産院どちらが出産におすすめ?

    多くのカップルは、出産施設を選ぶときにあまり深くは考えず、友人からの情報やかかりつけの医師の推薦に頼っているかもしれません。出産のときに妻がハイリスクな状態かローリスクな状態かによって、サポートしてくれる産科医や助産師の仕事を知っておくことが大切です。

  • 必見!! 大切な人との死の悲しみを和らげる、たった1つの方法

    大切な人の死。想像できないような悲しみ、怒り、恐怖が襲ってきます。そんな状況を少しでも受け入れ、少しでも和らげる方法があるとしたら…。そのヒントは、大切な人との「引き継ぎ」にありました。 引き継ぎ・引き継がれる関係を作っておく 大切な人の死の悲

  • カリスマ家庭教師が伝授する、最強の実践的子育てノウハウ!

    目次をひもとくと、「英才教育のほとんどは間違っている」「要領がいいだけの子は中学受験で伸びが止まる」「算数ができる=頭がいいわけじゃない」など、「えっ?」と思うような見出しが並ぶ。 『御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方』(アス

  • フランス人もセックスレス?

    フランスでは少子化対策が成功し、ここ数年合計特殊出生率が2.00付近にあります。少子化対策の様々な政策と同時に、フランスは「愛とセックスの国だから子どもが生まれているのではないか」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。 フランス人夫婦もセック

  • 夫婦円満をもたらす会話術

    女の人はおしゃべりが好きですよね。つまり女の人は、話を聞いてくれる人が好きなのです。現在結婚生活をしている旦那さん、ちゃんと「会話」していますか? 夫婦が仲良く過ごすには「会話」が不可欠なのです。夫婦円満をもたらす会話術を紹介します。 ■結婚前は話を聞い

  • 子育てのストレスきちんと解消できていますか?

    お母さんは、家事にも子育てにも追われて毎日の疲れがたまってしまうもの。子どもを育てることには大きな苦労があり、多少なりともストレスを感じない人はいないでしょう。そのため、日々ガス抜きのようにストレス解消に努めるのがが良いでしょう。今回は育児で溜まったストレスを

  • 高学歴な親が子育てに失敗する理由

    両親が高学歴の安定した家庭でありながら、その子どもが非行などに走ってしまうというのは珍しくないこと。高学歴でエリート街道を通った両親が子育てにもうまくいくとは、限らないわけです。けれども、両親が立派であるのに、どうして子育てがうまくいかない場合があるのでしょう

  • 妊娠したら知っておきたい妊娠届と産院選び

    妊娠したら出産に関する費用や病院選びなど悩み事はつきません。出産に関する事前知識が少なければ少ないほど焦ってしまうもの。なるべく妊娠してからは出産のの費用面の悩みなどは減らしておきたいですね。そこで今回は、妊娠したら知っておきたい妊娠届と産院選びを紹介します。

  • 赤ちゃんも嫉妬する!? 生まれた瞬間から、嫉妬は生まれている

    恋愛や仕事、いろいろな場面で生まれる嫉妬。一度、嫉妬心にとりつかれるとどうしようもなく苦しい気持ちになってしまいます。この嫉妬、いつから生まれたのでしょうか? 実は赤ちゃんのときから嫉妬心は生まれているのです。 ■おっぱいが飲めない欲求不満が嫉妬

  • 知っておきたい妊娠中のセックスのこと

    妊娠したらセックスはダメ!と思っている人も多いようですが、実はそうではありません。流産や早産の徴候もなく、元気いっぱいの妊婦さんなら、まったく問題はありません。セックスしたことで、それが流産や早産の引き金になってしまうこともないので、あまり神経質にならないでく

  • 妊娠・出産でかかる自己費用! 出産育児一時金があればそこまでお金はかかりません!

    妊娠や出産でかかる費用をご存知ですか?貯金がない状態だとその費用に四苦八苦してしまいます。でも、申請することで負担してもらえる補助金もあります。今回は、妊娠・出産に関わるお金について紹介します。 ■妊娠や出産でかかるお金 出産準備費 赤ちゃん用品

  • 妊娠中の食事のポイント

    妊娠したら気にしたいのが食事。赤ちゃんの栄養につながる大切な大切な食事です。妊娠したら不足しがちな栄養素や、妊婦さんが積極的に摂取すべき食べ物を知っていますか?今回は、妊娠中の食事のポイントを紹介します。 ■鉄やカルシウム食物繊維をたっぷりと 妊娠中は

  • 高齢出産のメリット

    ビジネスへの女性進出に伴い、高齢出産のケースが増えています。一般的に高齢出産のデメリットばかりが語られますが、本当はどうなのでしょうか?今回は、高齢出産のメリットをご紹介します。 ■高齢出産とは 35歳以上の初産婦さんを「高齢初産婦」といいます

  • 知っておきたい「流産」のこと

    妊娠前、妊娠後に知っておいてほしいことがあります。それは「流産」です。流産のことを詳しく知ってほしい理由は、流産確率が、10〜15%という高い確率で起きてしまうからです。今回は、妊娠前に知ってほしい「流産」の知識を紹介します。 ■「流産」の原因の多くは赤

  • 【嫉妬厳禁】妻の「元カレ」人数知っていますか!?

    大好きな妻の「元カレ」人数を知っていますか?知りたいけど知りたくない妻の「元カレ」人数。聞いて嫉妬してしまい後悔すること多いですよね。そんなあなたに悲しいお知らせです。実は結婚前の妻の「元カレ」平均人数は5.8人もいるんです。今回は、妻の「元カレ」状況について

  • 大人から子どもへ伝えておきたいこと

    いじめによる自殺事件が発覚し、そのいじめの内容に驚愕させられました。こうしたことが二度と起こらないようにしたいもの。非常に難しい問題に直面しています。大人として子どもに何を伝えればいいのか、あらためて整理しておきたいことをまとめてみました。 ■「3年間く

  • 同性婚ができるようになったアメリカの今

    2011年6月25日、ニューヨーク州では同性同士の結婚を法律で認めました。アメリカでは他に、ワシントン州、マサチューセッツ州など全部で6つの州が同性婚を認めています。このことで、アメリカは何か変わったことはあったでしょうか。そして、日本でも同様に認められる日は