出産

初めての出産を迎えるのは夫婦にとって緊張する一大イベントです。元気な赤ちゃんを出産するために知っておきたい出産の知識を紹介します。

  • 痛みのない出産「無痛分娩」のメリット、デメリット

    出産時に陣痛の痛みを麻酔によって軽減させる、無痛分娩の方法を選択する女性が増えています。無痛分娩のメリット、デメリットについて考えてみましょう。 お産が楽になるが費用が高い 無痛分娩とは、硬膜外麻酔を行うことで、出産時に最も強く感じる痛みをなく

  • 出産後の最初の3ヶ月間って育児生活が大変って本当?

    出産後の3ヶ月間は大変という話を聞いたことはありませんか? 実際、赤ちゃんの首がすわるまでの3カ月は少し大変です。育児のトライアンドエラー期間を乗り越える必要があるのです。 くにゃくにゃ赤ちゃんの世話は大変 新生児と呼ばれる1ヶ月半を過ぎても、

  • 出産前の「おしるし(少量の出血)」があったときの対処法

    お産が近づくと、子宮口が少し開いたり、子宮収縮によって卵膜がはがれるため、少量ですが出血します。それが子宮頸管から出た粘液とまざって出てきたものがおしるしと呼ばれています。おしるしによる出血で慌てることがないように、「おしるし(少量の出血)」になったときの対処

  • お産の選び方! 産科医、助産院どちらが出産におすすめ?

    多くのカップルは、出産施設を選ぶときにあまり深くは考えず、友人からの情報やかかりつけの医師の推薦に頼っているかもしれません。出産のときに妻がハイリスクな状態かローリスクな状態かによって、サポートしてくれる産科医や助産師の仕事を知っておくことが大切です。

  • 高齢出産のメリット

    ビジネスへの女性進出に伴い、高齢出産のケースが増えています。一般的に高齢出産のデメリットばかりが語られますが、本当はどうなのでしょうか?今回は、高齢出産のメリットをご紹介します。 ■高齢出産とは 35歳以上の初産婦さんを「高齢初産婦」といいます

  • 知っておきたい「流産」のこと

    妊娠前、妊娠後に知っておいてほしいことがあります。それは「流産」です。流産のことを詳しく知ってほしい理由は、流産確率が、10〜15%という高い確率で起きてしまうからです。今回は、妊娠前に知ってほしい「流産」の知識を紹介します。 ■「流産」の原因の多くは赤

  • 35歳からの出産。父親である男ができることは?

    現在、妊娠中の東尾理子さんが、第一子について「クアトロテスト」を実施したところ、お腹の赤ちゃんが「82分の1の可能性でダウン症かもしれない」ことが分かったと自身のブログで公表しました。「クアトロテスト」とは母子血清マーカーともいい、出生前に胎児の発育を調べるこ

1 / 1 1