出産前の「おしるし(少量の出血)」があったときの対処法

お産が近づくと、子宮口が少し開いたり、子宮収縮によって卵膜がはがれるため、少量ですが出血します。それが子宮頸管から出た粘液とまざって出てきたものがおしるしと呼ばれています。おしるしによる出血で慌てることがないように、「おしるし(少量の出血)」になったときの対処法を紹介します。


おしるしとは?

おしるしとは、赤ちゃんがもうすぐ生まれてくるというサインです。お産が近づくと、子宮口が少し開いたり、子宮収縮によって卵膜がはがれるため、少量ですが出血します。それが子宮頸管から出た粘液とまざって出てきたものがおしるしです。量や色は人によって違いますが、少し粘りけがあるのが特徴です。中には少量すぎて気づかない人や、なかったという人もいます。

おしるしの前にも、お産が近くなったときの体のサインがいくつかあります。たとえば、夜に寝つけなかったり、夜中に何度も目を覚ましたりします。これは、産後の授乳に備えて、母体が準備をしているためといわれます。

また、赤ちゃんがおりてきて、胃の圧迫感がとれ、食事がたくさんとれるようになります。トイレが近くなり、足のつけ根が痛くなる人もいます。おなかの張りが頻繁に起こることもあります。腰が重く感じられる、下痢をする、というのがサインという人もいます。

おしるしがあったらすぐ出産?

おしるしがあったからといって、すぐに陣痛が始まって出産になる、というものではありませんので、まずは落ち着いてください。おしるしから陣痛までの時間も個人差が大きく、すぐに陣痛が始まる人もいれば、数日または1週間以上もこないこともあります。

まだ陣痛がきていない、破水もしていないのであれば、産院に行く必要はありませんが、出血の量が多かったり、何度も出血したり、痛みを伴う場合は、おしるし以外のトラブルも考えられるので産院に連絡してください。

陣痛や破水、多量の出血のようなことが起こらなければ、待っている間はふだんの生活を続けて大丈夫です。妻には体力を温存してもらうため、疲れるような長いウォーキングや、力が必要な家事、その他の運動は避けるように配慮してください。

おしるしから陣痛までは落ち着いて

そして、「おしるしがあったのに陣痛がこない、まだなのか? まだなのか?」とあせってしまわないようにしましょう。妻が落ち着いて、よけいな不安を感じないでいられるようになるべく平静にします。

その後、本格的な陣痛が起こる前に、前駆陣痛といって、ウオーミングアップの陣痛があります。本物の陣痛と違うところは、規則的に痛みはくるものの、その強さにあまり変化がないこと。これも出産の直前になって感じる人もいれば、出産の数日~数週間前から続いたという人もいます。

本物の陣痛は痛みがどんどん強くなります。「前駆陣痛と本物の陣痛がどう違うのかわからない」ということはありません。本物の陣痛が起こってくれば、ホルモンの関係で妻の様子も「いつもと違う」感じになってきます。陣痛間の時間をはかって、産院に向かう準備を始めましょう。

おしるしがあっても慌てずに、場合に応じた対処をするようにすれば問題なく出産を迎えることができます。

参考本

「メンズのための安産バイブルの記事」

    
コメント