礼儀のない子どもにしないためにすべきこと。親なら気をつけるべき子どもとの接し方

小さいお子さんをご家庭にお持ちの親なら、誰もがきちんと自分の子どもを育てたいと思うはずです。礼儀をわきまえていたり、挨拶を欠かさず出来たりと当たり前のことを当たり前にこなせるような子どもにするのは意外と難しいことだったりします。公共の場であっても、礼儀のない子どもを度々見かけます。自分の子どもをそうしないために、教えたいことがきっとたくさんあるはず。今回は他人といい関係を築けるように子どもを育てるための、子どもとの話し方についてご紹介します。


■子どもとの話し方

近頃、挨拶のできない子どもが増えているような気がします。子どもが挨拶をするようになるには、まず親が毎日手本を見せる必要があります。子供の様子を見ながら、一呼吸おいて挨拶することを促しましょう。この時「すぐに挨拶しなさい」とは言わず、「挨拶ってなんていうんだっけ?」と聞いてみてあげましょう。子どもが挨拶を「しなくてならない」ものから、ごく自然と「する」ものに変えてあげましょう。

返事をしない子に対しても、「返事をしたらどうだ!」と怒る前に、「聞こえたか?」と聞いてみてあげて下さい。もし子どもが聞こえてないときに自分の都合で怒るのは良くありません。

核家族化の進展などで、今の子どもは家の中で人と話す機会が減っている傾向にあります。積極的に人の集まる場所へ連れて行って人との対話を促してみましょう。また、子どもには目で語りかけることも忘れずにしましょう。

■褒め方と叱り方

案外、褒めることも叱ることも難しいものです。もし、子どもが何か頑張った時には精一杯褒めてあげましょう。結果よりも頑張っていること自体を誉めてあげると良いです。子どもが「頑張って努力する」ことにつながります。褒めるときには、なるべく具体的に褒めてあげましょう。逆に、子どもが何か悪いことをした場合には、叱った理由も説明してあげましょう。このときに、感情的に叱らないように気をつけてください。何より大事なのことは、愛情を持って叱るということ。また、言葉使いを叱る場合はその場で注意してあげましょう。

■これだけは注意!親がやってはいけないこと

先生に対する愚痴を子供の前で言わないようにしましょう。子どもは親を見ているもの。不満を募らせて愚痴ばかり言っていると、先生に対する信頼がなくなってしまいます。他人の悪口や夫婦げんか、強い否定を口にするのも子どもは見ているので控えましょう。

また、過保護気味の親は気をつけて下さい。子どもの先回りをして、「これをしちゃダメ」「こうしなさい」などとは言ってはいけません。子どもは、自分で考えて、工夫して、行動したことで、上手くいった時、達成感を味わえるのです。また、うまくいかなくても、再び挑戦する意欲が湧きます。そうした子どもの意欲を削がないように気をつけてみて下さい。

子どもの教育にただ一つの絶対解はないはずです。きちんと愛情をもって接して、いい子に育つと良いですね。

「子どもは「話し方」で9割変わる(福田 健)」の詳細を調べる

    
コメント