飲食店、子供ダメな理由

飲食店によっては子どもの入店をお断りしている店があります。一般的に、未就学児はダメというところが多いようです。そもそも、なぜ小さな子供の入店ができないのでしょうか。

騒ぐとうるさい

子どもがダメな理由としては、騒ぐとうるさいというものがありますね。子どもというのはどこでも騒ぎますし、飽きると泣いてしまったり、さらに店内を走り回るといったこともあります。飲食店においてはこういった行動は非常に危ないですし、雰囲気が壊れてしまうというのがひとつあるでしょう。

一人一品にならない

さらに、飲食店によっては必ずお客さん一人につきワンオーダーといったルールが定められているところがあります。子ども向けのメニューが用意されているわけではありませんし、子どもがワンオーダーというわけにはいきません。それでも大人の料理を取り分けるといったことになってしまうと客単価が下がってしまうため、飲食店にとっては死活問題になるというのもあるでしょう。やはり一人につき一品を頼んでもらうことで、やっと軌道に乗るといった飲食店も多いようです。

営業時間の問題

さらに深夜のチェーン店の居酒屋やファミリーレストランなどに子どもを連れてくる親の是非といった問題もありますね。やはり、子ども向けの店や時間帯があるわけですから、そちらを利用してもらうことも場合によっては必要かもしれません。