卒業アルバムの歴史は?

卒業アルバムは、学校へ通っていたことのある人ならば誰もが手にするものでしょう。学生生活の思い出や、文集などをまとめたものです。この卒業アルバムにはどのような歴史があるのでしょうか。

昔からある?

卒業アルバムは、学校の歴史とともにあります。さらには卒業アルバムには写真が使われますので、写真の歴史と重なる部分もあるといえるでしょう。もっとも古いもので、明治時代の中ごろには卒業アルバムは存在していたといわれています。

個人情報の宝庫?

さらに、卒業アルバムはその学校の卒業生に限定して配布されることが決まっていますが、どこからか流出してしまうこともあります。その時に同じ学校に在籍していた人の、自宅住所や本名、電話番号などが一同に入手できるため、場合によっては悪用されるおそれもあります。そのため、最近の卒業アルバムではそうした個人情報を掲載しない傾向もあるようです。

捨てる人も?

さらに学校に楽しい思い出がない、あるいは大した思い入れがないという人は、卒業アルバムを読み返すことはないようです。どうでもいいからと卒業アルバムを捨てる人もいるようです。そうした卒業アルバムがめぐりめぐって他人の手に渡ってしまう可能性もあるでしょう。そういったことを考えると、卒業アルバムは制作費用だけでもある程度のお金がかかりますから、果たして本当に必要なのかといった議論も生じています。