妊娠・出産でかかる自己費用! 出産育児一時金があればそこまでお金はかかりません!

妊娠や出産でかかる費用をご存知ですか?貯金がない状態だとその費用に四苦八苦してしまいます。でも、申請することで負担してもらえる補助金もあります。今回は、妊娠・出産に関わるお金について紹介します。


■妊娠や出産でかかるお金

出産準備費

赤ちゃん用品のほか、マタニティウェア類、入院グッスを買うための費用です。赤ちゃん用品はレンタルを利用したり、人からもらったりして上手に節約をするのがおすすめです。10~20万円程度は用意しましょう。

健診費

健診の費用はすべて自己負担で、月平均5,000円程度になります。妊娠全期間を通して、6~8万円必要になります。余裕を持って、10~15万円程度を用意しておくと安心ですね。

分娩・入院費

分娩費や入院費も健康保険の適用外です。安くて、30万円、高くて50~70万円程度になります。平均すると約40万円程度かかります。

その他の費用

里帰り、赤ちゃんの内祝い費用など突然の出費にも備えましょう。

■出産育児一時金の申請は?

分娩時にかかるお金は高額ですが、実は出産育児一時金を申請することでお金が42万円も戻って来ます。あなたが働いている環境に応じて申請方法は変化します。

自営業・自由業では、国民健康保険に、出生届を提出するとき、住んでいる市区町村役所で申請を行います。保険証、母子健康手帳、印鑑、振込先の口座がわかる通帳など持参しましょう。

会社員は、社会保険に、出産前、勤務先の総務や人事部へ申請します。申請用紙には医師の記入欄があり、出産に立ち会った医師や助産師さんの証明が必要になります。

公務員は、共済組合に、出産前、勤務先の総務や人事部へ申請します。申請用紙には医師の記入欄があり、出産に立ち会った医師や助産師さんの証明が必要になります。

■出産一時金についての注意

出産一時金は、加入している健康保険から医療機闘に直接支払われるので、出産費用を事前に準備しなくてもよく、また、出産にかかった費用が出産一時金の範囲内であった場合には、差額を加入している健康保険に請求することができます。ただし、出産にかかった費用が出産一時金を超える金額であった場合には、退院時に超えた額を医療機関に支払わなくてはなりません。

■産後もらえるお金

出産育児一時金

支給額は42万円です。(産科医療補償制度に加入する医療機関などで出産した場合に限ります。これ以外の場合は39万円となります。)出産にかかる費用に出産一時金を充てることができ、加入している健康保険から医療機関に直接出産一時金が支払われます。

児童手当金

小学3年生の年度末まで、子供1人につき月額5,000円が支払われます。ただし、所得や扶養家族の人数など、条件があります。

医療費控除

妊娠・出産にかかった費用から出産一時金を差し引き、その年の家族全員の医療費が10万円を超えるときは、医療費が控除され、一部もどってきます。

地域のサービス

住んでいる自治体によっては、健診の費用の補助や、産後祝い金がもらえる可能性もあります。まずは、住んでいる市区町村に問い合せてみましょう。

出産育児がきっかけでもらえるお金、戻ってくるお金にはいろいろありますが、ほとんどが自己申告制です。自分が届け出ないと、損をしてしまうこともあります。なお、夫の勤務先によっては制度が違うこともあるので注意してください。

妊娠・出産でかかる費用を知ったうえで、上手に補助金を利用しましょう。

参考リンク

「妊娠・出産も健康保険があれば補助金で安心! 出産育児一時金」

参考リンク

「働く女性のための妊娠・出産の補助金「出産手当金」」

参考本

「ママとパパ二人で はじめての妊娠&出産(竹内正人)」

    
コメント