彼女が妊娠したとき「親になる実感がわかない」はNGワード! モテ夫になるキラーフレーズとは?

彼女が妊娠したときに絶対に言ってはいけない言葉があります。それが、「親になる実感がわかない」です。不機嫌になられること間違いなしです。では、彼女が妊娠した時は、どう対処したらよいのでしょうか? モテ夫になるキラーフレーズを紹介します。


いっしょに想像してワクワクしよう

あなたの「実感がわかない」という発言は、彼女の耳にはこう聞こえます。「俺は妊娠したという今の君の状態について、想像力を働かせる気はない」と。勝手にそう解釈されてしまって、彼女のストレスになってしまったのでしょう。

「実感がわかない」とストレートに口にする前に、「今、どんな感じなの?」「赤ちゃんはどんな子なんだろう?」のようにいっしょにワクワクしてイメージがふくらむような「話しかけ言葉」を送りましょう。それが「どうしたら実感がわくのか?」ということよりもたいせつなんです。

人は支えてもらって自己受容できる

ストレスというのは、見通しが立たないときに感じるものです。カウンセリングの世界では、見通しが立たないときに明確にするとよいのは、「要求と支援」といわれています。具体的に何が必要で、何をしてほしいのか。どうしたいのか。他人への要求、自分への要求、支援。支えてもらえてこそ、人は自己受容できるものです。

一生懸命名前を考えてくれたり、「出産はできないけど俺にできることはなんだろう?」とがんばってくれたりしている夫の姿に愛を感じるものです。事実だとしても「実感がわかない」とストレートに口に出してしまうと、「この人は想像力を働かせようとしていないのね。怠慢だわ!」と感じてしまうし、そのように宣言していると聞こえてしまうのです。

実感は生まれてきてからヒシヒシとわくもの

実は彼女だって、妊娠しているという事実はあっても、自分の子どもを抱っこする実感、子育てをする実感なんてまだわかないのです。夫のあなたに実感がわくのも、きっと生まれてきてからです。出産直後の3kg前後のわが子を抱いたときに、ズッシリとした重みを感じることでヒシヒシとわき上がってくるものです。顔が自分に似ているのがわかって、初めて実感がわいたという人もいます。

親になることを実感できればいいパパで、実感できなければ悪いパパ、ということはありません。人間の赤ちゃんはおなかの中にいる40週間の中で36億年の生命の歴史をたどるといわれています。そこから換算すると1日は10万年です! 最初は魚のような形からタツノオトシゴみたいな形になって、どんどん人間らしくなっていきます。

そんなおなかの赤ちゃんの成長をたどった本などを見ながら、「どんな子が生まれてくるんだろうね」「どんな名前にしようかな」「赤ちゃんがやってきたら、どんな生活になるのかな」という言葉を発してみてください。「幸せに楽しくなることをいっしょに考えていこうよ」という態度がいちばんたいせつです。

モテ夫になるキラーフレーズ

「まだ子どもの顔とか抱っこする実感とかわかないけれど、楽しみだな」
「かわいいだろうな。親になった実感って、どんなときにわくんだろうね?」
「君はもう親になる実感がある? 俺もリアルに実感したいなぁ」

このどれかを言えばモテ夫まちがいなしです。絶対に「親になる実感がわかない」と言うのはやめましょう!

「メンズのための安産バイブルの記事」の詳細を調べる

    
コメント