色が変わるメガネレンズ「トランジションズ」でおしゃれに紫外線対策

紫外線対策は夏だけのもの?それは大いなる誤解です。寒い冬だからこそ気をつけたい、紫外線から目を守るニューアイテム「トランジションズ」に注目です。


見過ごしがちな冬の紫外線対策

夏は照りつける暑い日差しを避けて日陰や屋内へ逃げ込めば、紫外線を受ける時間は短時間で済みます。しかし、暖かい日差しが恋しくなりがちな寒い季節は、かえって夏よりも長時間、日光と共に紫外線を浴びることになってしまいかねません。
紫外線の量は秋〜冬になると減少はしますが、それでも一定量は降り注ぐもの。そのため、紫外線対策は年間を通してのケアが望ましいのです。

“カメラのニコン”が育んできたメガネレンズ70年の歴史

年間を通して紫外線に晒されがちなのが、目です。そんなときはサングラスをかけるのが一般的なわけですが、普通のメガネとサングラスをいちいちかけ替えるのはどうにも煩わしくなってしまいますよね。だからといって無防備でいいわけでもありません。
そんな問題を解決するのが、ニコンから登場したメガネレンズ「トランジションズ」です。
ニコンといえば、カメラを始め精密工学機器のトップブランドとして世界中で認められているのはご存知の通りですが、メガネレンズについても終戦直後から続く70年以上の歴史があるのです。

紫外線で色の濃さが変わるレンズ

そんな長年の技術の蓄積から誕生した、新たなメガネレンズ「トランジションズ」には、驚きの機能が施されています。それは、紫外線に反応してレンズの色が無段階に変色するというものです。
屋内や夜間では無色透明のクリアレンズになり、通常のメガネとして機能。それが、日差しが眩しい屋外に出ると、紫外線に反応してゆっくりと濃い色へと変化します。
もちろん、レンズは100%UVカット加工。日差しの加減に応じて、常に最適な色合いになり、目を保護します。

メガネとサングラス、両刀使いはもう不要

特に日差しが強い日には、外へ出るたびにメガネをサングラスに付け替えることになりがち。しかし、トランジションズ搭載のメガネがあれば、一本のメガネをサングラスとしても使い続けられるというわけです。
メガネは手放せないけど、たまにはサングラスでおしゃれを楽しみたい。でも、度付きサングラスと2本持ちはちょっと…と思っていた方も気軽にアイ・ファッションを楽しめます!
しかも、楽しみながら紫外線対策もできてしまうトランジションズは、一度使い始めたらもう普通のメガネには戻れなくなるかもしれません。

    
コメント