食品

食べ物や飲み物に関する食品は人間が生きる上で欠かせない栄養源です。ラーメン、焼肉などの食べ物や、日本酒、紅茶、ビールなどの飲み物、料理レシピやグルメ情報など食品に関する情報を紹介します。

  • 都心の空き地が超人気グルメエリアに、「AKINAI 銀座プロジェクト」が始動

    人気飲食店の数々がフードトラックで集まって、様々なメニューが日替わりで楽しめる「AKINAI 銀座プロジェクト」が、11月1日から歌舞伎座にほど近い東銀座の一角にオープンしました。

  • コーヒーの歴史を知る

    歴史というのはあらゆるアプローチが可能です。ある特定のトピックから、歴史を広げていくというのも面白い視点ですね。そうした本は、どこにどういう風な着眼点を置くかがひとつのポイントになってくると言えるでしょう。

  • 世界最古の甘味料は?

    甘い物に目がないという人は少なくないでしょう。スイーツは別腹という人もいると思います。この甘い物と人類の関わりというのは古代までさかのぼります。人類最古の甘味料と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。それは現在もとても身近なものとして存在しています。

  • 甘酒のアルコール度数は?

    甘酒は、日本酒を作るときにできるもろみのしぼりかすである酒粕を煮込んで作ります。甘酒はお正月などに子供も飲んでいますが、アルコールは含まれていないのでしょうか?

  • 関西人なぜ納豆嫌い?

    納豆は日本の朝の定番とも言えるアイテムです。しかしながら、関西方面、特に大阪の人は納豆が嫌いという人が多いです。最近では納豆の消費量も増えてきているようですが、依然として全国的に比べれば消費量は少なめです。これはなぜなのでしょうか。

  • ネギトロの由来はねぎ取る?

    ネギトロは人気の寿司ネタでしょう。マグロを叩いてペースト状にして、ネギなどを添えていただくものです。お店では軍艦巻きのほか、細巻きや丼ものとして提供されることもありますね。

  • ブルーハワイの由来は?

    夏の風物詩といえばかき氷でしょう。削った氷にお好みのシロップをかけて食べるおなじみの食べ物です。さて、このかき氷のシロップには緑色のメロン味や、赤色のイチゴ味などがあります。しかし、実際に果汁は入っておらず、なんとなくそういう味がするというものが大半です。

  • カレーライスの作り方に学ぶ

    カレーライスは日本の国民食というべきものでしょう。中学校などの林間学校でカレーを作った思い出もあるかもしれません。なぜカレーなのか。それは嫌いな人がほとんどいない、大量に作るのに向いている、スパイスを用いるため食中毒の危険性を軽減できるなどのメリットがあるからだと言えます。

  • 海外で生卵は食べない?

    日本独自の食習慣として、生食文化があります。魚を生のまま捌いて食べるお刺身はもちろんのこと、生卵をそのまま食べる習慣も海外にはありません。

  • ムーカタとは何か?

    タイ料理といえば思い浮かべるものはなんでしょうか。スープのトムヤンクンや、日本でいうチキンライスのようなカオマンガイなどが思い浮かべられるでしょう。屋台でも気軽に食べることができます。そんな数あるタイ料理の中で、ぜひとも体験してもらいたいものが、ムーカタです。

  • タイの日本米どこで作っている?

    タイは、東南アジアの中でも日本人が多く住む国として知られます。首都バンコクには、約4~5万人の日本人が在住していると言われています。しかし、これは日本大使館に届出を出した人数であり、定期的に出入りしている人間を含めればバンコクだけで約10万人、タイ全土ではそれ以上といわれています。

  • 鴛鴦茶とは何か?

    お茶をする時にコーヒーか紅茶かを選ぶ場面に遭遇したことがある人はいるでしょう。両者は何かひとつの選択肢のように扱われていますが、香港には鴛鴦茶という飲み物があります。えんおうちゃと書きます。これはコーヒーと紅茶を混ぜ合わせたものです。

  • オロナミンCの歴史は?

    現在、さまざまなエナジードリンクが発売されていますが、その元祖的存在といえるものがオロナミンCでしょう。多くのエナジードリンク、ビタミンドリンクがあふれる中で影を潜めてしまった感もありますが、この飲み物にはどのような歴史があるのでしょうか。

  • ワインの奥深さを知る

    お酒はちょっとしたシチュエーションで飲むならば楽しいものです。その時、ただ飲むだけでなく、お酒をめぐる背景を知ることによって、より深く味わえる側面もあるでしょう。もちろん、うんちくオヤジのようになってしまうのは考えものですが、食を味わうにあたってある程度の予備知識は必要だといえるかもしれません。

  • チューペットの歴史は?

    夏の風物詩といえば、アイスキャンディーでしょう。したたるしずくを気にしながら、時間との折り合いを見ながら食べる懐かしの食品です。さらに、チューペットも懐かしの食べ物でしょう。凍らせたポリエチレンの詰め物を真ん中からパキっと割って食べるアイスです。片方には、ジュースとして飲むための細い管があり、そこにたまった液体を惜しむように吸い込んだ思い出は、誰しもあることでしょう。

  • そうめんレシピを使いこなす

    忙しいビジネスパーソンや学生にとって、食事をめぐる問題は案外やっかいなものです。外食で済ませてしまおうと思っても栄養は偏りがちです。かといって自炊をする時間はない。そんな人におすすめなのが、そうめんを使ったレシピです。

  • スイカに塩は世界にもある?

    夏の風物詩といえばスイカでしょう。このスイカには塩をかけると甘みが増すといわれています。これは対比効果と呼ばれるものです。さらに、甘みを引き締めて、しっかりとした味にする効果もありますね。このスイカに塩のような食べ方は世界にも存在します。

  • 料理から歴史を学ぶ

    料理というのは日常生活には欠かせない行為です。いまは、スーパーやコンビニエンスストアなどで、出来合いの料理を買うことができます。さらにファミリーレストランやファーストフードなどの外食店も充実しています。そうした時代において、ないがしろにされがちなのが料理の歴史であり、素材の歴史でしょう。いま、この手元にこの料理がある理由、素材がある理由を探ると、楽しみが広がるものでしょう。

  • 韓国にマックスコーヒー売ってる?

    マックスコーヒーは、もともと千葉県限定の飲み物として知られていました。コーヒーといっても甘いテイストなので、子どもが飲んでもOKな、飲み物とされていました。マックスコーヒーは利根コカ・コーラボトリングのプライベートブランドなため、千葉県限定ではなく茨城県や栃木県でも発売されていました。それでも千葉県イコールマックスコーヒーのイメージは強いでしょう。「木更津キャッツアイ」の中で登場したことで知名度をあげたともいえます。

  • つけ麺の歴史は?

    つけ麺は、ラーメンと並び人気が高いアイテムです。お腹が満たされることに加え、冷やした麺と、熱いスープの、ギャップが味わえるのでファンも多いです。ラーメンの一種ととらえられているつけ麺ですが、どのような歴史があるのでしょうか。

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »