食品

食べ物や飲み物に関する食品は人間が生きる上で欠かせない栄養源です。ラーメン、焼肉などの食べ物や、日本酒、紅茶、ビールなどの飲み物、料理レシピやグルメ情報など食品に関する情報を紹介します。

  • オロナミンCの歴史は?

    現在、さまざまなエナジードリンクが発売されていますが、その元祖的存在といえるものがオロナミンCでしょう。多くのエナジードリンク、ビタミンドリンクがあふれる中で影を潜めてしまった感もありますが、この飲み物にはどのような歴史があるのでしょうか。

  • ワインの奥深さを知る

    お酒はちょっとしたシチュエーションで飲むならば楽しいものです。その時、ただ飲むだけでなく、お酒をめぐる背景を知ることによって、より深く味わえる側面もあるでしょう。もちろん、うんちくオヤジのようになってしまうのは考えものですが、食を味わうにあたってある程度の予備知識は必要だといえるかもしれません。

  • チューペットの歴史は?

    夏の風物詩といえば、アイスキャンディーでしょう。したたるしずくを気にしながら、時間との折り合いを見ながら食べる懐かしの食品です。さらに、チューペットも懐かしの食べ物でしょう。凍らせたポリエチレンの詰め物を真ん中からパキっと割って食べるアイスです。片方には、ジュースとして飲むための細い管があり、そこにたまった液体を惜しむように吸い込んだ思い出は、誰しもあることでしょう。

  • そうめんレシピを使いこなす

    忙しいビジネスパーソンや学生にとって、食事をめぐる問題は案外やっかいなものです。外食で済ませてしまおうと思っても栄養は偏りがちです。かといって自炊をする時間はない。そんな人におすすめなのが、そうめんを使ったレシピです。

  • スイカに塩は世界にもある?

    夏の風物詩といえばスイカでしょう。このスイカには塩をかけると甘みが増すといわれています。これは対比効果と呼ばれるものです。さらに、甘みを引き締めて、しっかりとした味にする効果もありますね。このスイカに塩のような食べ方は世界にも存在します。

  • 料理から歴史を学ぶ

    料理というのは日常生活には欠かせない行為です。いまは、スーパーやコンビニエンスストアなどで、出来合いの料理を買うことができます。さらにファミリーレストランやファーストフードなどの外食店も充実しています。そうした時代において、ないがしろにされがちなのが料理の歴史であり、素材の歴史でしょう。いま、この手元にこの料理がある理由、素材がある理由を探ると、楽しみが広がるものでしょう。

  • 韓国にマックスコーヒー売ってる?

    マックスコーヒーは、もともと千葉県限定の飲み物として知られていました。コーヒーといっても甘いテイストなので、子どもが飲んでもOKな、飲み物とされていました。マックスコーヒーは利根コカ・コーラボトリングのプライベートブランドなため、千葉県限定ではなく茨城県や栃木県でも発売されていました。それでも千葉県イコールマックスコーヒーのイメージは強いでしょう。「木更津キャッツアイ」の中で登場したことで知名度をあげたともいえます。

  • つけ麺の歴史は?

    つけ麺は、ラーメンと並び人気が高いアイテムです。お腹が満たされることに加え、冷やした麺と、熱いスープの、ギャップが味わえるのでファンも多いです。ラーメンの一種ととらえられているつけ麺ですが、どのような歴史があるのでしょうか。

  • カレーはなぜ辛い?

    素朴な疑問としてカレーはなぜ辛いのでしょうか。もちろん、辛くないカレーもありますが、スパイシーな香りはただよっています。

  • アル中は現在進行形の病気?

    アルコール依存症は日本国内で100万人以上の患者をかかえる深刻な病気です。さらに、毎晩晩酌は欠かさないという人も多いでしょう。潜在的な患者数を含めればさらに大きな人数となります。

  • お茶飲料の歴史

    お茶のペットボトルといえば、いまや飲み物としてポピュラーなものです。ですが、日本におけるお茶飲料の歴史は、飲み物の歴史からみたらごく浅いものです。

  • 愛と平和と「美味しい!」をもたらす究極のグルメとは!?

    美味しいものを食べる喜びは、人類共通のしあわせの一つ。 もちろん、家族や恋人と共有できれば言うことなしですね。 けれど、こんな経験はありませんか? 「こんなに美味しいのに、どうして彼(夫)の反応はうすいの?」 「彼女(妻)は大感激しているけど、正直、どこが美味しいのかよくわからない…」 つまり、性差です。 男女で味覚に違いはあるのでしょうか?

  • 奥深きアジア納豆の世界

    高野秀行といえば探検家として知られています。ミャンマーの山奥の麻薬地帯に潜入したり、国家が崩壊したといわれたソマリランドへ潜入したら案外平和であったりと、さまざまな気づきを与えてくれます。さらにユーモアラスな筆致も高野秀行の魅力だといえるでしょう。文化人類学のような堅苦しい学術論文スタイルでもなく、かといって俺はこんなにすごい冒険をしたんだという武勇伝にもなっていない、高野秀行でしかない文体があります。

  • タバスコは生牡蠣用ソース?

    タバスコといえば、激辛の調味料として日本でもおなじみのものです。タバスコを使う料理といえば、パスタやピザといったものが定番です。喫茶店や居酒屋など、どこにでもタバスコはあるでしょう。ですがタバスコの用途はもともとは違うものでした。

  • 脱脂粉乳はまずい?

    脱脂粉乳という飲み物があります。牛乳から乳脂肪分を除去したものから水分を取り除き、粉末状にしたものを、さらに水で溶いた飲みものです。

  • あけぼのソースとは何か?

    あけぼのソースという調味料があります。あまり聞き慣れない名前ですが、案外身近にあるものを組み合わせてつくったものをさします。これはどんなものでしょうか?

  • いくらとすじこの違いとは?

    いくらとすじこという食べ物があります。味や形状は似ていますが、両者にはどういう違いがあるのでしょうか?

  • 野田と銚子なぜ醤油の産地?

    醤油の生産地として、千葉県の野田市と、銚子市が有名です。例えば醤油メーカーとして知られるキッコーマンは千葉県野田市に本社があります。そもそも、なぜこの2つの街が醤油の産地となったのでしょうか?

  • マックスコーヒーとは何か?

    マックスコーヒーという飲み物があります。 普通のコーヒーに比べて、甘味が強く、コーヒー牛乳のような味わいに近いです。これは、かつては主に千葉県でのみ売られている飲み物でした。

  • 猿酒とはなにか?

    一度は飲んでみたい幻の銘酒というものはいくつかあります。そのひとつが猿酒でしょう。 自然のお酒 この猿酒というのは、木などのくぼみに、猿が果実をためこむことによって、それが自然に発酵して酒となったものです。いわば、自然の果実酒のようなものである

1 / 7 1 2 3 4 5 最後 »