脱脂粉乳はまずい?

脱脂粉乳という飲み物があります。牛乳から乳脂肪分を除去したものから水分を取り除き、粉末状にしたものを、さらに水で溶いた飲みものです。


コクがない?

牛乳の乳脂肪分は、バターやチーズ、クリームなどの原料となります。そのため、脱脂粉乳はコクがない味わいとなります。それでも、蛋白質、カルシウム、乳糖などの栄養分が含まれるため、学校給食に用いられていました。学校給食では現在は牛乳が使われていますが、かつては脱脂粉乳であったのです。この脱脂粉乳を飲んだ経験がある人は、多くの人が「まずい」といいます。そのため、脱脂粉乳をきっかけとして牛乳嫌いになってしまった人もそれなりにいるようです。

アメリカからの援助物資

戦後の日本の学校給食に用いられた脱脂粉乳は、ララ物資と呼ばれるアメリカからの援助物資として持ち込まれました。脱脂粉乳は、アメリカから船に乗って運ばれたので、パナマ運河を通過する際に、高温と多湿で傷んでしまったという説もあります。実際に、脱脂粉乳はスキムミルクの名称で現在も販売されています。さらに、賞味期限が短い牛乳に比べて保存性も高いので、メリットもあります。脂肪分がないのでカロリーもおさえられるヘルシーな飲み物といえるかもしれません。

    
コメント