ホッピー用語の基礎知識

ホッピーは焼酎をビール風の液体で割ることによってビール風味を出す飲み物として知られています。いわば代用ビールというべきものです。


なぜ生まれた?

なぜホッピーが生まれたかというと、ビールを飲んで焼酎や日本酒を飲み始めるとその分お金がかかってしまいます。そこで、最初のビールの感覚を安く演出するために、ホッピーが考えだされました。ビールよりもアルコール度数が高くなるので、てっとり早く酔えるというメリットもありました。

ホッピー用語

ホッピーには飲み方に関してさまざまな専門用語があります。ホッピーの瓶のことを外、そして中身の焼酎のことを中といいます。ホッピー1瓶につき、2杯から3杯程度の中をもらって飲むことが標準的とされています。しかし代用ビールの感覚を出すためには、氷が入っていると味気がなくなくなってしまいます。そこで本格的なホッピー飲みの間では、氷を無しで飲むことが通とされています。

三冷(サンレイ)とは

そんな究極のホッピーの飲み方の一つに三冷があります。これはホッピーの瓶と、中身の焼酎とグラスの3つを冷やして飲む方法です。これならば氷いらずで、ホッピーの味わいを深く楽しむことができます。

ホッピーはヘルシー?

ホッピーはビールに含まれるプリン体がゼロなヘルシーな飲みものです。痛風の原因となるプリン体が無く、ビールの風味が味わえるという健康志向のドリンクでもあるのです。

「ホッピー社長の本に経営改革のコツを学ぶ」の詳細を調べる

    
コメント