ワインの味わい方を学ぶ

ワインというのは奥が深いものだと言えますね。ワインは食事のお供としても最適なものです。このワインについて、ちょっと学んでみたいという人におすすめの一冊が小久保尊著作、山田コロイラストによる『図解 ワイン一年生 』(サンクチュアリ出版)です。

種類がキャラクター化

ワインというのは多くの種類があってよくわからないという人も多いでしょう。色が赤ワイン、白ワイン、あるいはロゼワインがあるといったくらいの知識はあっても、それ以上に進めないのが「ワインあるある」だと言えます。そんな種類のわかりにくさを本書ではキャラクターとして表していますので、それはわかりやすさと親しみやすさを同時に併せ持っていると言えるでしょう。

うんちくは抜き

さらにワインというと、産地とか歴史とか、そういったうんちくが多くありますね。そういったものは、重要度においては低いというか、ただ自分自身の知識をひけらかしているだけといった見方もありますからね。本書において重点が置かれているのは、ワインを選ぶにあたって、どういったものを基準にすればいいのかといったことはあるでしょう。おいしいワインを選ぶにはどうすればいいのか、何を選べばいいのか、その極意をポイントに絞って解説されています。これまでのただ飲むだけのワイン好きから脱却したい人にとっては気軽に手に取れるおすすめの一冊です。