ワインの奥深さを知る

お酒はちょっとしたシチュエーションで飲むならば楽しいものです。その時、ただ飲むだけでなく、お酒をめぐる背景を知ることによって、より深く味わえる側面もあるでしょう。もちろん、うんちくオヤジのようになってしまうのは考えものですが、食を味わうにあたってある程度の予備知識は必要だといえるかもしれません。


ワインの奥深さがある

『アウトローのワイン論』(光文社新書)は、ワインマスターとして活躍する勝山晋作と、料理雑誌の編集部出身のフードライター土田美登世による共著です。お酒と食べ物、双方に関する情報が新書一冊にコンパクトにまとまった本になっています。

何が書かれている?

本書は、なにげない視点からの疑問にもしっかりと答えています。例えば「安いワインと安っぽいワインは違う」といったトピックひとつとっても納得できるものがあるでしょう。いまやコンビニエンスストアなどでも500円程度で輸入ワインが買える時代ですが、その中には十分おいしいワインもあるのです。さらにワインに加えられている添加物については「酸化防止剤が悪なわけじゃなく、その加減」といった情報が記されています。お金をかけて高いレストランで飲むワインがすべてではない、私たちの生活に根ざしたワイン論が記されていますので、一歩上のライフスタイルのお供に本書はいかがでしょうか。

    
コメント