「水」に隠された知られざるパワーとは

一口に水と言っても、天然水や炭酸水、活性水や温泉水など様々な種類の物が存在しています。効果的にそれらの水を摂取することにより、驚くべき効果が発揮されるそうです。熱中症対策に水分を多く取りたいこの季節、意識して水を選ぶのもいいかもしれません。そこで今回は効果的な水の摂取方法についてご紹介します。


■アルカリイオン水は科学的な根拠がある機能水

アルカリイオン水は、糖尿病・リウマチ、コレステロール、体内脂肪低下など様々な病状に効果があると科学的に証明されています。また、慢性的な疲労にも効果があります。慢性的に疲労が溜まっている時、人の体は酸性に傾いてしまっているので、アルカリイオン水を摂取して中和すると疲労が取れてスッキリします。

■朝に一杯、冷たい水を摂取する

朝起きてまず最初に冷たい水を摂取すると、体が目覚めます。食欲不振だと言う人は、胃腸を目覚めさせる効果があるので特におすすめです。便秘ぎみの人には、硬度の高い硬水がおすすめです。硬水には、カルシウムが含まれており、そのカルシウムが排便効果を生み出してくれます。

■"水中毒"にご用心

どんな物事にも限度は存在します。水も同様で、特に

水中毒

には注意が必要です。水を飲みすぎるとかわきを感じる脳の中枢が狂い、水中毒状態になります。症状としては、嘔吐やけいれんを引き起こし、最悪の場合は死に至ります。1日の限界量は、

3L

です。これを上回る事がないように気をつけて摂取しましょう。

最近では店頭に様々なミネラルウォーターが並び、あまり馴染みのない外国の水が並んでいたりします。自分の症状と向き合い、今どんな水を摂取するべきかを考えて選びましょう。これから暑くなり、水を摂取する機会も増えると思いますが、くれぐれも"水中毒"にはご注意下さい。

「知られざる水の「超」能力(藤田紘一郎)」の詳細を調べる

    
コメント