10分どん兵衛の元祖は?

10分どん兵衛という食べ方が流行っています。これは日清食品の、どん兵衛のうどんを調理時間が5分間のところ、10分間待ってみるというものです。のびのびの麺になっているかとおもいきや、もちもちとした食感が残っており、深みのある味わいが出るというものです。


ワイドショーでも

10分どん兵衛はワイドショーのほか、街角のスーパーなどでもポップで紹介されているなど、すっかり市民権を得た感じがあります。ですが、元ネタは忘れられがちですのでしっかりと確認しておきましょう。

東京ポッド許可局

10分どん兵衛をメジャーにしたのは、TBSラジオで放送されている「東京ポッド許可局」です。この番組ではお笑い芸人のマキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオの三名が、理屈をこねながらああでもないこうでもないと話すものです。その中でマキタスポーツが紹介したのが10分どん兵衛でした。彼は、お笑い芸人のほか、俳優活動やミュージシャン活動、さらにはコラムニストとして活躍するなどマルチな活動を行っています。さらに、既存のものをほかの何かに見立てることにすごく長けています。例えば、バーベキューなどで食材を買いすぎて、最後に作る焼きそばにあれこれ具材をつっこむことを「負けそば」と言うなど、ネーミングセンスが抜群です。10分どん兵衛もそのひとつであるといえるでしょう。

「マカオ料理の魅力」の詳細を調べる

    
コメント