食べ物

おいしい食べ物は人間の生命を維持するだけでなく生活にも潤いを与えてくれます。焼肉、ラーメン、キムチなど世界の食べ物の情報を紹介していきます。

  • 世界最古の甘味料は?

    甘い物に目がないという人は少なくないでしょう。スイーツは別腹という人もいると思います。この甘い物と人類の関わりというのは古代までさかのぼります。人類最古の甘味料と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。それは現在もとても身近なものとして存在しています。

  • 関西人なぜ納豆嫌い?

    納豆は日本の朝の定番とも言えるアイテムです。しかしながら、関西方面、特に大阪の人は納豆が嫌いという人が多いです。最近では納豆の消費量も増えてきているようですが、依然として全国的に比べれば消費量は少なめです。これはなぜなのでしょうか。

  • ネギトロの由来はねぎ取る?

    ネギトロは人気の寿司ネタでしょう。マグロを叩いてペースト状にして、ネギなどを添えていただくものです。お店では軍艦巻きのほか、細巻きや丼ものとして提供されることもありますね。

  • ブルーハワイの由来は?

    夏の風物詩といえばかき氷でしょう。削った氷にお好みのシロップをかけて食べるおなじみの食べ物です。さて、このかき氷のシロップには緑色のメロン味や、赤色のイチゴ味などがあります。しかし、実際に果汁は入っておらず、なんとなくそういう味がするというものが大半です。

  • カレーライスの作り方に学ぶ

    カレーライスは日本の国民食というべきものでしょう。中学校などの林間学校でカレーを作った思い出もあるかもしれません。なぜカレーなのか。それは嫌いな人がほとんどいない、大量に作るのに向いている、スパイスを用いるため食中毒の危険性を軽減できるなどのメリットがあるからだと言えます。

  • 海外で生卵は食べない?

    日本独自の食習慣として、生食文化があります。魚を生のまま捌いて食べるお刺身はもちろんのこと、生卵をそのまま食べる習慣も海外にはありません。

  • ムーカタとは何か?

    タイ料理といえば思い浮かべるものはなんでしょうか。スープのトムヤンクンや、日本でいうチキンライスのようなカオマンガイなどが思い浮かべられるでしょう。屋台でも気軽に食べることができます。そんな数あるタイ料理の中で、ぜひとも体験してもらいたいものが、ムーカタです。

  • タイの日本米どこで作っている?

    タイは、東南アジアの中でも日本人が多く住む国として知られます。首都バンコクには、約4~5万人の日本人が在住していると言われています。しかし、これは日本大使館に届出を出した人数であり、定期的に出入りしている人間を含めればバンコクだけで約10万人、タイ全土ではそれ以上といわれています。

  • チューペットの歴史は?

    夏の風物詩といえば、アイスキャンディーでしょう。したたるしずくを気にしながら、時間との折り合いを見ながら食べる懐かしの食品です。さらに、チューペットも懐かしの食べ物でしょう。凍らせたポリエチレンの詰め物を真ん中からパキっと割って食べるアイスです。片方には、ジュースとして飲むための細い管があり、そこにたまった液体を惜しむように吸い込んだ思い出は、誰しもあることでしょう。

  • スイカに塩は世界にもある?

    夏の風物詩といえばスイカでしょう。このスイカには塩をかけると甘みが増すといわれています。これは対比効果と呼ばれるものです。さらに、甘みを引き締めて、しっかりとした味にする効果もありますね。このスイカに塩のような食べ方は世界にも存在します。

  • つけ麺の歴史は?

    つけ麺は、ラーメンと並び人気が高いアイテムです。お腹が満たされることに加え、冷やした麺と、熱いスープの、ギャップが味わえるのでファンも多いです。ラーメンの一種ととらえられているつけ麺ですが、どのような歴史があるのでしょうか。

  • カレーはなぜ辛い?

    素朴な疑問としてカレーはなぜ辛いのでしょうか。もちろん、辛くないカレーもありますが、スパイシーな香りはただよっています。

  • 愛と平和と「美味しい!」をもたらす究極のグルメとは!?

    美味しいものを食べる喜びは、人類共通のしあわせの一つ。 もちろん、家族や恋人と共有できれば言うことなしですね。 けれど、こんな経験はありませんか? 「こんなに美味しいのに、どうして彼(夫)の反応はうすいの?」 「彼女(妻)は大感激しているけど、正直、どこが美味しいのかよくわからない…」 つまり、性差です。 男女で味覚に違いはあるのでしょうか?

  • 奥深きアジア納豆の世界

    高野秀行といえば探検家として知られています。ミャンマーの山奥の麻薬地帯に潜入したり、国家が崩壊したといわれたソマリランドへ潜入したら案外平和であったりと、さまざまな気づきを与えてくれます。さらにユーモアラスな筆致も高野秀行の魅力だといえるでしょう。文化人類学のような堅苦しい学術論文スタイルでもなく、かといって俺はこんなにすごい冒険をしたんだという武勇伝にもなっていない、高野秀行でしかない文体があります。

  • いくらとすじこの違いとは?

    いくらとすじこという食べ物があります。味や形状は似ていますが、両者にはどういう違いがあるのでしょうか?

  • 江戸時代の寿司はファーストフードだった?

    現在お寿司はどのような食べ物になっているでしょうか。おめでたい時や、ちょっと奮発したい時に食べる高級品というイメージがあるかもしれません。もちろん回転寿司などもありますので気軽な外食としても人気があります。しかし毎日のようにお寿司を食べるという人はあまりいない

  • カップラーメンはフォーク? 文化の違い

    海外旅行にはさまざまな驚きがあるものです。それは、街角のコンビニなどに入り並んでいる商品をさっと眺めてみるというだけでも新しい発見があることでしょう。日本との文化の違いを感じるエピソードとしてカップラーメンにまつわるものがあります。 箸は使えない

  • ラーメン二郎の基礎知識

    4月に入り、進学や就職、あるいは転勤などではじめて東京へ来たという人もいるかもしれません。さまざまな楽しみや発見があるかと思いますが、ラーメン好きにとっては一度は食べてみたいと思うのが「ラーメン二郎」ではないでしょうか。ゴワゴワの太麺と、ギットギトの脂と、大量

  • チキンラーメンは高級品だった?

    チキンラーメンといえば、日本でもっともポピュラーな即席乾燥麺のひとつです。お湯をそそいで3分で食べられるというおいしい食べ物です。さらに麺自体に味が染み込んでいるため、調味料を加える必要がないという点も便利です。 貧乏学生の定番? チキンラーメ

  • 牛丼が安い3つの理由

    牛丼はこの時代にあって300円程度で食べられるとてもリーズナブルな食べ物です。お金がないサラリーマンや学生などの強い味方となっているのが牛丼なのです。そもそも牛丼はなぜ安く食べられるのでしょうか。その理由を考えてみましょう。 1.大量に作れる

1 / 4 1 2 3 4 最後 »