希少な牛肉の内臓肉の種類

脂がちょっと辛い年齢の大人に大人気の内臓肉。今回は、希少な牛肉の内臓肉の種類を紹介します。


テール

赤身系内臓肉の一種で、牛の尾の肉です。脂肪とともにゼラチン質も多く含んでおり、食感は硬いです。煮込みに向くためテールスープに使われるのが定番です。

フワ

フク、ブップキ、バサなどとも呼ばれる牛の肺です。煮込み料理に使われることが多いです。しっとりと水分を多く含み、内臓肉の中ではレバーに次ぐ柔らかさです。

マメ

形がソラマメに似ていることから名付けられた牛の腎臓です。レバーに似た外見で、脂肪が少なく、鉄分、ビタミンAを豊富に含んでいます。鮮度が悪いと臭いを発する部位です。

チレ

牛の脾臓で、タチギモと呼ばれる場合もあります。見た目はレバーに似ており、新鮮なものなら刺身で食べられます。肉質はレバーよりも繊維が細かいです。

テッポウ

直腸のことで、牛ではなく豚の直腸を出す店も多いです。食感はコリコリしています。

次の記事

「焼き肉のベストな焼き方「強火の遠火」」

前の記事

「「タン塩にレモン」は本当に正解か? 牛肉雑学!」

    
コメント