牛丼が安い3つの理由

牛丼はこの時代にあって300円程度で食べられるとてもリーズナブルな食べ物です。お金がないサラリーマンや学生などの強い味方となっているのが牛丼なのです。そもそも牛丼はなぜ安く食べられるのでしょうか。その理由を考えてみましょう。


1.大量に作れる

牛丼は大きな鍋に、牛肉とたまねぎを入れて煮込んで作ります。一度に大量に作れるためにコストが安くなっているのでしょう。カレーなども大量に作って安く提供する料理です、

2.手間がかからない

牛丼を提供する場合も、どんぶりに米をよそって牛丼の具を載せます。提供までに時間がかからないことと、提供するにあたって調理を必要とする手間がかかりません。それなので、人件費も安く抑えられるというものがあるでしょう。さらに提供する時間が短ければ、それだけお客さんが店に滞在する時間も減り、回転率もあげられます。これはとても効率的なものです。

3.原材料が安い

牛丼の肉は冷凍された輸入肉を使っています。一度に大量に仕入れが可能となるため、結果的に商品の値段も安く提供することができるようになっています。しかし、その背景にあるのは日本が円高であったからであり、円安が進んだ今とあっては、同じ価格を維持していくことはかなり難しくなっているようです。

そもそも牛丼が登場してきた頃は1杯500円程度でした。そう考えると、食べ物自体が安くなってきているということも考えられるでしょう。

「なぜカルビには脂が多いのか?」の詳細を調べる

    
コメント