愛と平和と「美味しい!」をもたらす究極のグルメとは!?

美味しいものを食べる喜びは、人類共通のしあわせの一つ。 もちろん、家族や恋人と共有できれば言うことなしですね。 けれど、こんな経験はありませんか? 「こんなに美味しいのに、どうして彼(夫)の反応はうすいの?」 「彼女(妻)は大感激しているけど、正直、どこが美味しいのかよくわからない…」 つまり、性差です。 男女で味覚に違いはあるのでしょうか?

味覚のするどさでは女性のほうが上

日本味覚協会の調べでは、味覚診断の正答率は、 男性が32%、女性が45%だそうです。 味覚だけの話ではなく、 男性は女性に比べて、 基礎代謝が高いことも挙げられます。 一度の食事でエネルギーを多く摂り入れなければならないので、 短時間でしっかり満腹になれる料理を好む傾向も。 つまり、「舌」より「胃」。 「ちまちました料理より、ガツッと腹いっぱいになるカレーやラーメン、丼系が最高!」 という男性が多いのかもしれませんね。

焼き肉を食べるとラブラブに

男性好みの「量をガッツリ」と女性が求める「繊細な味わい」、 このどちらもカバーする最強の料理が、 焼き肉なのだとか。 そういえば、今ほど焼き肉店が普及していなかった頃に、 「一緒に焼き肉を食べている男女はラブラブな関係」 という都市伝説がささやかれていたのです。 今ではすっかり人気料理として定着した焼き肉。 最近では、おしゃれな内装のハイセンスな店舗も増えてきました。 質がよく、ボリューム満点、その上おしゃれな焼き肉店は、 モテたい男性の強い味方かもしれません。

牛肉は愛と平和の立役者?

牛肉にはトリプトファンという成分が豊富に含まれていて、 神経疲労やストレスを取る脳の栄養「セロトニン」を作りだします。 牛肉を食べるとふわっと気持ちが高揚し、 その場で幸せを共有できるのですね。 牛肉が人間関係を良くしてくれるのは、 単なる気のせいではなかったのです。 「愛と平和」の学術的な根拠があったとなると、 ますます焼き肉の魅力にはまりそうですね。

「幸せを呼ぶ牛肉<牛たん」の法則

さて、人気定番焼き肉メニューといえば牛たんですが、 今、女性の間で評判になっているのが、 「牛たんしゃぶしゃぶ」です。 中でも、麻布十番の人気店「BULLUS(ブルズ)」と、 中野坂上の姉妹店「ブルズ亭」は、 ここだけのオリジナル牛たんが味わえると、人気が集中しているとか。 それもそのはず。 通常の横スライスではなく、なんと縦にスライスされているのです。 つまり、長さ約30センチの牛たんを食べられるのですが、 一枚の中で味が変わるのが、話題の秘密。 たしかに、食べてみたくなりますね!

新鮮だからできる「牛たんしゃぶしゃぶ」

「BULLUS」「ブルズ亭」では、 こんなサービスができるようです。 薄くスライスした大きな牛たんをさっとあぶる「焼きしゃぶ」や、 新鮮だからこそできる鍋スタイルの「牛たんしゃぶしゃぶ」は、 まさに未知の究極グルメ。 味覚にするどい女性が魅了されるのもうなずけますね。 他にも、「タンハンバーグ」や、 認定生食用食肉取り扱い店ならではの「黒毛和牛生ユッケ」、 さらにお酒も豊富に取り揃えていて、 男性も大満足のハイクオリティ店です。 打ちあげや宴会、デートスポットとして、 ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。 ※麻布十番焼肉BULLSの「牛たんしゃぶしゃぶ」は一日二食の限定メニューです。¥12000  中野坂上焼肉ブルズ亭の「牛たんしゃぶしゃぶ」は一日五食の限定メニューです。¥6000 ご予約はお早目をおすすめします。