ボロネーゼとミートソースの違いは?

パスタ料理店などで、メニューとしてボロネーゼが用意されているところがあります。ひき肉とトマトソースを和えたものであり、これはミートソースと同じではないかと疑問を感じる人も多いはずです。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

内容はほとんど一緒?

ボロネーゼとミートソースはほとんど使う素材が一緒であるため、同じものであると言えるでしょう。しかしながら、もともとボロネーゼは平打の麺を使います。対してミートソースは通常の細麺であるスパゲティを使います。ソースではなく、使うパスタの種類によって違いが別れているわけですね。

日本発祥?

このミートソースというのは実は日本発祥の食べ物であると言われています。ボロネーゼとして戦後の日本にアメリカから持ち込まれたものを、日本人の舌に合いやすいように改良されたものがミートソースとなります。確かにボロネーゼは肉が主体ですが、ミートソースはトマトが主体といったイメージがありますからね。何かしらの違いがあるとは言えるでしょう。

ナポリタンも同様

さらにスパゲティのナポリタンも、実はイタリアのナポリで生まれたものではありません。こちらも日本人が洋食のメニューとして作り出したものです。こうした創意工夫があちらこちらに存在するのですね。