はまぐりのガソリン焼きとは?

北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国にはさまざまなグルメがあります。そのひとつにハマグリのガソリン焼きがあります。作り方はとてもシンプルでありハマグリにガソリンをかけてそれをガスバーナーであぶるものです。できあがったハマグリは真っ黒に焼けていますが、中身にはプリプリの身が詰まっています。


本当に食べられるのか?

ガソリンとは、本来ならば食べ物に使用するものではありません。それを貝殻の上とは言え、かけてしまって良いものなのでしょうか。しかしガソリンを使うメリットはさまざまにあるようです。ひとつはかなりの高熱になるため、ハマグリを一気に熱することができて、うまみ成分をぎゅっととじこめられると言われています。そう聞くと、確かにおいしそうではありますね。

強い酒と飲む?

しかしながら、やはり調理法は確実に安全というわけではありません。なかにはお腹を壊してしまう場合もあるようです。そうした時に消毒の意味合いも兼ねてでしょうか、強いお酒と一緒に飲むと良いとされています。いわば、お酒のおつまみとしてもベストな料理なのでしょう。なかなか現地へ行く機会は訪れないでしょうが、一度は食べてみたいものではありますね。

    
コメント