江戸時代の寿司はファーストフードだった?

現在お寿司はどのような食べ物になっているでしょうか。おめでたい時や、ちょっと奮発したい時に食べる高級品というイメージがあるかもしれません。もちろん回転寿司などもありますので気軽な外食としても人気があります。しかし毎日のようにお寿司を食べるという人はあまりいないかもしれません。しかし江戸時代は寿司はファーストフードでした。


なぜファーストフードだったのか?

ではなぜファーストフードであったのでしょうか。まず江戸時代は東京湾で江戸前の魚が豊富にとれたので、食材が安かったことがあげられます。さらに寿司は一口で食べられるようにコンパクトなサイズになっています。それなので、せっかちな江戸っ子にもぴったりの食べ物だったのでしょう。さらにシャリに酢飯を使うのは保存性を高めるためであったとも言われています。新鮮な魚と保存性のきくシャリを使った寿司は手軽な食べ物として人気があったのです。

スタイルは立ち食い

さらに江戸時代の寿司は現在のように椅子で座るものではなく立ち食いスタイルであったようです。これにより、さらに時間を節約できます。さらに、長い時間居座る人もいないため、店員は寿司職人くらいで良く、人件費も安くあげられたことでしょう。

立ち食いスタイルの寿司は都心部などに現在も存在します。珍しいものとして取り扱われていますが、むしろ江戸時代は立ち食いの方がスタンダードであったのです。

「回し寿司活 西武渋谷店は寿司の美登利系列だけあってやっぱりうまい!」の詳細を調べる

    
コメント