なぜ、タケノコは米のとぎ汁でゆでるの? ヌカでゆでる理由って何?

春がやってきました!
春と言えばニョキニョキ生えてくるあいつの季節です。
あいつといえば「タケノコ」ちゃんです。

そして、愛しい生タケノコを食べるには、米のとぎ汁かヌカを使ってゆでます。一体なぜでしょうか?


タケノコ普通に食べるとエグすぎ!

タケノコは、掘ってから少し時間がたつとかたくなるうえ、かなりえぐみも出てくるので、ゆでてから水にさらして用いるのが普通です。この時、ヌカを入れるか米のとぎ汁を使ってゆでるとおいしくなります。

理由は、タケノコのえぐみの元であるシュウ酸が、ヌカを入れてゆでた方が普通の水より数十倍も多く溶けだすことと、ゆでている途中にヌカに含まれる酵素がタケノコに作用し、やわらかくなるためです。

しかも、ヌカのでんぷん粒子がタケノコの酸化を防ぎ、白くゆで上げる効果もあります。

しかし、食の知恵とは面白いですね。タケノコ!!

「これは使える! 「料理」ワザあり事典より納豆のネバネバの謎の記事」の詳細を調べる

    
コメント