おさえておきたい韓国料理メニュー

韓国には様々な料理があります。韓国料理好きならおさえておきたい韓国料理メニューを紹介します。


ビビンバ

ナムルや、目玉焼きなどをのせたご飯です。きれいに盛りつけられて出てきますが、これをかき混ぜて食べるのが韓国流です。ナムルの上にユッケと生卵の黄味をのせたものはユッケビビンバといいます。

石焼きビビンバ

ビビンバを、焼けた石の器に盛ったものです。焦げたご飯がおいしいとされています。

チヂミ

韓国風お好み焼きです。小麦粉や玉子などで作った生地の中に、ネギやニラといった具材を混ぜ合わせ、薄く広げて両面をパリッと焼き上げ、醤油ベースやごま油のタレにつけて食べます。単にチヂミという場合にはネギがメインの具となります。チヂミは、海産物をメインにすることも多いです。

ナムル

日本のおひたしに相当する、野菜の和え物です。湯通しや軽い炒め、塩もみなどをして柔らかくした野菜に味をつけて、数種を盛り合わせるのが一般的です。ホウレンソウ、豆モヤシ、ゼンマイ、大根、キュウリ、菜の花などがよく使われます。味付けの基本は塩、ゴマ油、醤油、ニンニク、ゴマ。

冷麺

鶏や牛の骨でダシをとった透明な冷たいスープに、そば粉を練った歯ごたえのある麺が浮かぶ麺料理です。茹でてスライスした牛肉、ゆで卵、キムチ、果物などがトッピングされます。酢と辛子を使って自分好みに味をととのえながら食べます。スープのないビビン冷麺に対して、スープがあるという意味で水冷麺と呼ばれる場合もあります。

ビビン冷麺

冷麺の麺とトッピング具材を器に入れ、コチュジャンベースの辛いタレで和えて食べるスープのない麺料理です。

チャンジャ

真ダラの胃袋を使った、辛い塩辛です。胃袋を洗浄して小さく切り分け、唐辛子やニンニクとともに漬け込んだもので、臭みはほとんど感じません。コリコリとした食感が魅力のため、身が肉厚なものほどおいしいとされています。

イカ刺し・ツブ貝刺し・エイ刺

韓国料理における魚介の刺身の大半は、赤く辛く味付けされます。新鮮な魚介を切り分けたのち、コチュジャンベースのタレでキュウリやネギなどの野菜と和えるのが一般的です。

韓国風焼き海苔

日本の焼き海苔とは違い、向こう側が透けるほど薄い海苔の表面にハケでゴマ油を塗り、塩がまぶしてあります。韓国旅行からの土産品としても人気です。

豚足

豚の足を蒸しています。コラーゲンたっぷりで美容にも効果的です。韓国の豚足は蒸しただけなので色が白いのが特徴です。蒸した時に脂肪はかなり落ちているので、サッパリしています。調味料としては酢味噌をつけて食べるのが一般的です。

キンパプ

韓国風の巻き寿司です。日本の細巻きと太巻きの中間くらいの太さで、タクアンやキュウリ、挽肉、玉子焼きなどを巻いてあります。ゴマ油が香る韓国風の焼き海苔とただのご飯を巻いています。

カルビタン

牛カルビの肉とその周辺の骨でダシをとり、やや辛く味付けをしたスープです。具材としては大根やネギ、モヤシ、豆腐などが使われ、ここに溶き卵を落として仕上げます。カルビスープとも呼び、この中にライスを投入するとカルビクッパとなります。

テグタン

テグタンには2種類あります。1つ目は、真ダラ(韓国語でテグ)の身を使った辛いスープです。タラはナマの場合もあれば、干しダラを使う場合もあります。2つ目は、牛肉と牛骨を使った辛いスープです。この場合のテグとは韓国の地方都市名を指しています。

ユッケジャン

牛肉の細切りをメインにした牛ベースの辛いスープです。具材も味の方向性もカルビタンと似ているが、ユッケジャンのほうがより辛く、味も濃厚です。

コムタン

牛肉と牛骨を長時間煮込んだスープですが、味は塩とコショウだけでつけられており、辛くありません。白濁したスープの中に浮かぶ具は、ネギと牛肉です。

クッパ

スープの中にご飯を入れて、おじや風にしたものです。牛骨ベースのスープにワカメとモヤシと溶き卵、ご飯を入れたものをが多いのが特徴です。

様々な韓国料理メニューがありました。韓国料理を食べに行ってはいかがでしょうか?

「グルメ情報」の詳細を調べる

    
コメント