京都なぜ「お茶漬けで帰れ」?

京都のいわれとして、飲食店、特にお酒を出すような店で「お茶漬けでも」と言われたら、それは「そろそろ帰ってほしい」といった意味合いだというものがあります。京都ではお茶漬けは「ぶぶ漬け」と呼ばれています。これは漬物をご飯の上に乗せてお茶をかけたものをさらさらといただくといったものですね。果たして本当にそうなのでしょうか。

ぶぶ漬けはある

まず、ぶぶ漬けはもともと京都の食べ物として存在しています。ただ、さっぱりとしたものなので、酒を飲んだあとに最後に食べるといったもののため、それを出したならば、もうおしまいであり、帰ってほしいといった意味合いだと言われています。

落語の噺にあった?

この京都のぶぶ漬けにまつわる噺は上方落語にあります。京都の訪問先の家でぶぶ漬けをすすめられた男性が「ちょっとだけ」と返事をしてしまいます。すると、裏で「厚かましい」と言いたい放題だったというものですね。ただ京都では法事をのぞいて、他人を家にまねいてもてなすことはないとみおわれています。そのため、この話自体が、ある程度の事実に基づくようなリアリティのある話ではなかったという可能性もあります。「ぶぶ漬けでも」と言われて、お茶漬けを食べて帰るわけではなく、そろそろ締めましょうかといった話を、まわりくどく言う、遠まわしに伝えるための手段として「京都のぶぶ漬け」の話が生まれたのかも知れません。