ナポリタンはイタリアにはない?

海外旅行の楽しみといえば、ご当地の名物料理を食べることではないでしょうか。では、「イタリアのナポリに行ったならば、ナポリタンを食べるぞ」と思っている人もいるかもしれません。しかしナポリにはナポリタンはありません。なぜならばナポリタンは日本人が作ったものだからです。しかし誰がナポリタンを作ったかということは特定されていません。しかし、日本で進化していった食べ物ということでは間違いないようです。


諸説あるナポリタンのはじまり

パスタそのものは海外から輸入されたものですからナポリタンの原型も海外にあったことになります。ナポリタンのはじまりには諸説があります。海軍から持ち込まれたという説や、戦後に進駐軍が持ち込んだという話などもあります。

しかしナポリタンの基本スタイルである、野菜をいためたものをケチャップとパスタであえるというスタイルのは日本の洋食屋さんが考えだしたものです。あまりにもベーシックなもののため明確な発明者が誰ということは特定されていないのです。

オリジナリティの進化

さらにナポリタンは、ケチャップソースというベーシックな味わいがベースとなるため、さまざまに応用が可能です。辛いテイストにしたり、あるいはとんかつを乗せてみたりといったさまざまなアレンジが可能となっています。B級グルメブームの中において、新しいナポリタンが生まれてくるかもしれません。

「ナポリタン好きならつけ麺の歴史も知りたいよね?」の詳細を調べる

    
コメント