ネギトロの由来はねぎ取る?

ネギトロは人気の寿司ネタでしょう。マグロを叩いてペースト状にして、ネギなどを添えていただくものです。お店では軍艦巻きのほか、細巻きや丼ものとして提供されることもありますね。


ネギではない?

ネギトロというと、マグロのトロとネギを合わせたものと思われがちですが、これは正しい語源ではありません。もともとのネギトロは、「ねぎ取る」という意味があります。いわゆるマグロの骨についている身の部分をスプーンでそぎ取る、つまり「ねぎ取る」ことに由来します。ネギトロは、もともとは捨てる部位にある身を使ったまかない料理として存在していました。それをお客さんに出したところとても好評であったため、広まることになったのです。なぜ、トロという名前がついたのかと言えば、ネギトロを考案したお寿司屋さんの会長が、家族を連れて「むぎとろ」というお店に出かけていたので、語呂合わせでネギトロと名付けられました。

今は違う?

そのため、本来なら捨てられる部分である骨付きのマグロからねぎ取った身で作られたものが狭義のネギトロであると言えるでしょう。しかしながら、現在は回転寿司などで提供されているネギトロは、マグロの切り身を作るときに出る端材に油を加えたものが一般的になっています。そういった理由もあり、今使われているネギトロは必ずしも中落ちをもとにしたネギトロとは限りません。自分の身になる食べ物がどういった由来を持つのか知ることはとても大切です。

    
コメント