海外で生卵は食べない?

日本独自の食習慣として、生食文化があります。魚を生のまま捌いて食べるお刺身はもちろんのこと、生卵をそのまま食べる習慣も海外にはありません。


なぜ驚かれる?

海外の人に驚かれる日本食の定番としては、生卵があります。すきやきを食べる時に生卵にくぐらせる、あるいはごはんにそのままかけて食べるといったことは海外の食文化からすれば信じられないようです。それはなぜなのでしょうか。

食中毒の危険

海外で卵を生食しないのは食中毒を恐れているためです。日本とは違い、海外において卵は清潔に管理された状態で生産されていないため、細菌に汚染されている可能性があります。日本は衛生環境が発達しているので、食中毒事件はほとんど起きることがありませんが、海外では頻発しています。そのため、食品を必ず加熱する文化があるのです。これは安全管理のためにそうなったと言えるでしょう。例えば、海外の安めの日本料理店でカツ丼を注文すると、カツをとじている卵は半熟ではなく、完全に火の通った状態で出てきます。それほど徹底しているのです。

消費期限はない?

さらに日本の生卵は、完全に衛生管理ができているので、賞味期限はあっても消費期限はないと言われています。賞味期限を過ぎていたとしても加熱すれば問題ないのです。日本すごい論はあらゆる場面で登場しますが、意外と知られていないところで衛生環境、食品の衛生管理のレベルの高さも感じられます。

    
コメント