カップラーメンはフォーク? 文化の違い

海外旅行にはさまざまな驚きがあるものです。それは、街角のコンビニなどに入り並んでいる商品をさっと眺めてみるというだけでも新しい発見があることでしょう。日本との文化の違いを感じるエピソードとしてカップラーメンにまつわるものがあります。


箸は使えない?

日本の場合、コンビニでカップラーメンを買ったならば、お箸がもらえるでしょう。しかし海外ではお箸よりもフォークを使って食べることが多いようです。例えばタイのカップラーメンなどは、ふたをあけると中に、折りたたみ式のプラスチック製のフォークが入っています。それを使ってチュルチュルと食べるのです。むしろ、箸よりも、少しずつ冷ましながら食べられるのでこの方が効率的かもしれません。箸を器用に扱えるのは、実は日本人などのアジア文化圏の人たちを中心としたものであったりします。世界的にはフォークということになるのでしょう。

味付けもアレンジ

さらに、日本初のカップラーメンといえば、日清食品のカップヌードルなどが代表的でしょう。海外でも似たようなラベルの商品を目にすることがあります。しかし、味付けはその国ごとに違っています。ちょっと辛いテイストであったり、甘いテイストであったりとさまざまです。海外のカップラーメンの味付けの違いを味わってみるというのも、旅の楽しみの1つとしては面白いかもしれません。

「味付け玉子はラーメン店の強い味方?」の詳細を調べる

    
コメント