ラーメン二郎の基礎知識

4月に入り、進学や就職、あるいは転勤などではじめて東京へ来たという人もいるかもしれません。さまざまな楽しみや発見があるかと思いますが、ラーメン好きにとっては一度は食べてみたいと思うのが「ラーメン二郎」ではないでしょうか。ゴワゴワの太麺と、ギットギトの脂と、大量の野菜が気になる人もいるかもしれません。そんなビギナー向けにラーメン二郎の基礎知識を整理しましょう。


1.大食いチャレンジ店ではない

まず確認しなければいけないのはラーメン二郎は大食いチャレンジ店ではないということです。大盛りを完食したからといって、金一封が出るわけではありません。さらに、食べ残したからといって罰金を取られるわけではありません。あくまでも普通の食事なのです。食べきれる量をしっかりと注文するようにしましょう。

2.チェーン店ではない

ラーメン二郎は各店舗の名前がついていますが、いわゆるチェーン店ではありません。ラーメン二郎の本店および本店で修行をした人が開いたお店で修行をした人が新しいお店を開けるというような方
式を取っています。各店舗ごとにスープを仕込んでいるので、その日ごとに味が違ったりします。いろんな店舗をめぐってみましょう。

3.早じまいもある、ギリギリは危険

ラーメン二郎の名物といえば行列です。つねに並んでいるお店が多いでしょう。しかし、食べたらすぐ席を立つ、といったマナーが徹底しているため、ほかの飲食店に比べれば行列の消化率は早いかもしれません。さらに、行列がある場合は、閉店時間を前にしても打ち切られることがあります。さらにスープ切れ、麺切れとなっても閉店してしまうことがあります。初めて行く場合などは閉店時間ギリギリに行くことは避けましょう。

まとめ

ラーメン二郎は大食いチャレンジ店ではないので食べきれる量を注文すること、お店ごとに味が違うので色々とめぐる楽しみがあること、さらに閉店時間ギリギリには行かないことを、心がけてチャレンジしてみるとよいでしょう。

「行列ができるのには理由があった! 実はとても戦略的なラーメン二郎」の詳細を調べる

    
コメント